2012年1月1日

フェデリコ ペコラ 1970−2012

私の最愛の夫で、ルシアとマテオの父は、癌との戦いに勝って、今日、神さまの腕に抱かれました。
5年の戦いの末、安らかに旅立ちました。フェデリコは、生きてマテオとルシアを育てるために戦い、それを全うしました。フェデリコが望んだように、私たちの子供たちは、父のすべてを愛しています。
最後の数日間は、家族と愛する人たちに囲まれていました。フェデリコが息を引き取ったとき、彼の母親と私は、傍にいて、彼が苦痛から開放されることに感謝しました。私の心は、このブログを読んで、フェデリコを応援してくれて、私たちに勇気と希望を与えてくれた、すべての人への感謝の気持ちでいっぱいです。彼は私たちの人生の光で、沢山の愛と喜びと幸せを私たち家族に与えてくれました。ドクターが彼に1年未満の命だと告げたとき、彼はそれを拒否しました。そしてこの数年間で、彼の強さと忍耐力を証明してみせました。フェデリコは、本当に素晴らしい人でした。

みなさんに愛が届きますように。

マーシー


 

2011年12月28日 

フェデリコは、緩和ケアーに切り替えました。痛みもなく穏やかに過ごしています。


2011年12月17日 再入院

フェデリコは、また入院になってしまいました。15日(木曜日)に、ドクターのところで、検診をしている間に、何度も嘔吐して、肝臓の痛みと吐き気が止まらなくなりました。ドクターはすぐに入院するよう手配しました。いずれにしても明日には、医療処置をする予定になっていたので、ドクターは、病院で、観察したほうが良いと判断したのです。病院に着いたときは、また、嘔吐を繰り返して、今までに経験したことがないほどひどい状況でした。何とかフェデリコの症状が安定して、痛みから解放されるようにいろいろ手を尽くしました。やっとのことで痛みが治まって、何とかその夜は、ぐっすり眠ることができました。翌日、16日の午後に、内視鏡を使って、前回挿入したステントを取り除きました。そして肝臓がうまく排水できていない原因を探るために、胆汁を流す管を、もう一度念入りに検査しました。そして肝臓の腫瘍が胆汁を流す管を圧迫して管が潰されているのを発見しました。ドクターは、これが胆汁をうまく流せなかった原因だと考えています。管がつぶれていた部分に金属のステントを挿入して、流れと確保できるように処置しました。他の箇所にも同じようにステントが必要かもしれませんが、とりあえず、今週、様子を見ることになりました。とにかく、やっと、原因が究明できて、対処の方法があったことは、とても良い知らせでした。前回入院したときに、原因が特定できずに、それでもドクターは、癌の腫瘍が要因であると判断して、すぐに抗癌剤治療を始めたので、今では、その処置が正しかったと思えます。その効果が、近いうちに出てくると思います。肝臓は、ちゃんと機能しているので、とにかくステントによって、胆汁がうまく流れて、ビリルビンが減ってくれることを期待しています。

マーシー


2011年12月13日 決して希望を失わない

先週の月曜日(12月5日)に、退院したよ。入院中は、痛みの原因の究明と肝臓が正常に機能しているかどうかを調べるために、ありとあらゆる検査をしたよ。

僕が病院に着いたときは、ひどい症状だったんだ。僕は何も食べることができず、背中と胃の痛みがひどくて、耐えられない状況だった。短期間の間に、体重もすごく減ってしまった。消化器官の検査の結果は、すべて異常なしというものだった。何も異常が見当たらないので、ドクターは、癌の腫瘍が肝臓の血管を塞いでいるのではないかと、考えているようだ。CTスキャンの結果でも、肝臓の腫瘍は、安定しているようだけれど、血管を塞いでいるがん細胞は、小さすぎて、スキャンでも見つけられないのかもしれない。肝臓は、正常に機能しているのだけれど、血管が詰まっていて、血液がうまく流れていなくて、ビリルビンがどんどん増えてしまっていて、その結果、あらゆる症状が出てきていて、ひどい痛みを伴っているのではないかと考えているようだ。信じられないほどの、耐え切れない痛みが上半身の胸から背中に広がっているんだ。何日もの間、この痛みの原因がわからなかったんだ。この病院のドクターは、昼夜を徹して、僕の病状の分析をしたんだけど、検査の結果からは、原因を突き止めることができなかったんだ。その一方で、ビリルビンの量は、毎日、増え続けていたんだ。正常な値が1以下なのに、入院したときは、4で、退院する前には、17になっていたんだ。12月2日になって、やっと、ドクターは、癌が血管を塞いでいるのが原因だと突きとめて、すぐに抗癌剤の治療を始めることにしたんだ。日曜日に、今までとは違う、新しい3種類の抗癌剤治療を受けて、今は、退院して、家に戻ったけど、回復には、時間がかかりそうだよ。僕の体は、相当疲れてしまったようで、毎日すごくだるい日が続いているよ。すごくゆっくりなら歩くことはできるから、毎日少しでも歩くように努力しているよ。入院していた最初の1週間は、すごくきつかったよ。原因がわからないまま、点滴で栄養分をとりながら、痛みに耐えつづけながら、肝臓の機能がだめになっていたらどうしようかと苦悩していたんだ。もし肝機能がやられていたら、すごく深刻な状況で、打つ手がなくなってしまうんだ。
いつも、そういう恐怖が頭をよぎるときは、神様に向き合うことで、恐怖や疑いを拭い去って、安らぎと力強い希望を得ることができるんだ。
今回の抗癌剤治療は、今までに受けたことがないもので、唯一、僕の肝臓を救う手段なんだ。
今日は、もう一回、抗癌剤治療して、金曜日に内視鏡を使って、前回、血管に挿入したステントを取り除くんだ。

フェデリコ


2011年11月29日

フェデリコは、この1ヶ月半ほど、ひどい痛みがあって、筋肉と関節の痛みだと診断されていたのですが、耐えられない程の痛みで、食べることにも支障が出てきました。
少し食べると吐き気がして、いろんな症状が出て来て、体重も減ってきました。
背中のMRIをとって、骨の癌の可能性を調べましたが、問題ありませんでした。その後、胃カメラの検査をしても、問題ありませんでした。もともと食道にあった腫瘍もあとかたもありませんでした。血液も問題ありませんでした。しかし、身体に異常があるのは間違いないので、先週の水曜日にもう一度、ドクターの所にいって、診察すると、すぐに、病院に行くようにいわれました。
病院に行って血液検査の結果、血液中のビリルビン(色素)の量が増えていることがわかりました。たぶん胆嚢に問題があると診断されて、翌日、ステント(血管を広げて血流を良くするチューブ)を血管にとおして、ビリルビンの流れが良くなるように処置しました。でもそれは、小さな問題の一つだったようで、問題は、肝臓の血管がうまく機能していなくて、ビリルビンがうまく処理されずにどんどんたまってしまっているようでした。フェデは、いま、考えられるすべての検査をしているところです。MRI、CTスキャン、血液検査など、肝臓の生体組織診断を今日しました。
明日は、大腸がん検査をします。とにかく、全ての可能性を調べます。ステントでビリルビンがうまく流れて、量が減ると思っていたのですが、そうはいかなかったので、今は、薬を飲んで、ビリルビンの量を減らしています。肝臓の機能を心配していましたが、そのほかの肝臓の酵素は、正常な値に戻っているので、肝臓は、うまく機能しているようです。一番の問題は、血管のビリルビンがうまく流れないことです。フェデは、黄疸になっていて、液体がお腹にたまって気分が悪くなっています。検査の結果がまだ出ていないので、はっきりした答えはでていません。
フェデは、前向きで、希望を持っています。しかし、すごく険しい道であることもわかっています。フェデは、ニューポートビーチのHoag hospitalで、手厚い看護を受けています。家に帰りたいと言っていますが、同時に、この問題の原因をドクターに突き止めてもらいたいと願っています。
フェデは、みんなの祈りと激励と友情に感謝しています。彼は、あきらめません。私たちは、奇跡を祈っています。

マーシー


2011年10月25日 毎日が贈り物

前回から、だいぶ時間がたってしまったけど、書きたくなかったわけじゃなくて、ゆっくり落ち着いて、書く時間がなかったんだ。1ヶ月前に抗癌剤の投与をしてから、その2週間後に、スキャンをして、結果は、良好だったんだ。そのあとは、2週間おきに、状態を維持するために、1種類の抗癌剤をとり始めたところなんだ。そしてその後は、体を休めるためにしばらくは、その状態を続けるはずだったんだ。だから僕は、いつもの副作用の苦痛から開放されて、自由になるのを楽しみにしていたんだ。だけどあんまり調子はよくなかったんだ。すごく強い痛みが背中と胸にあらわれて、1日中、ひどくて、夜になると、さらにひどくなったんだ。こんな痛みは、この7ヶ月の抗癌剤治療中は、なかったんだ。

僕のドクターは、抗癌剤には、炎症を抑える効果もあるから、抗癌剤をやめたことによって、過去に問題のあった筋肉や関節の炎症がぶり返しているからかもしれないと言っていた。炎症を抑える薬と、痛みを和らげる薬を飲んで、やっと、夜は、ぐっすり眠れるようになったよ。これからは、もっとヨガに精を出して、体を柔軟にすれば、きっと筋肉や関節の問題をやわらげることができると思うよ。

もし、今、健康状態に問題がある人は、、健康的な食生活と適度な運動をして、柔軟性を高めて、酸素を沢山取り込んで、体にエネルギーを与えてあげるように、生活習慣を変える良い機会だと思ったほうが良いよ。何人かの人から、健康食のレシピや、栄養を取るよい方法を教えて欲しいと頼まれるけど、とても簡単なことなんだ。いつも食べているもの完全に変える必要はないんだ。ただ、有機野菜を取って、遺伝子組み換え食品をとらないようにすることなんだ。ファストフードは、ほとんどグルタミン酸ナトリウムがふくまれていて、完全な食材を使っていないんだ。 沢山の遺伝子組み換え食品が使われていて、肉もホルモンや、抗生物質が含まれている可能性が高いよ。結局、全部、人体にとっては、毒なんだ。炭水化物を減らして、糖分を控えて、栄養豊富な野菜を沢山とって、ミネラル水を沢山飲んで、繊維質を沢山含んだ豆類をとって、人口甘味料は避けよう。健康状態に問題がないなら、極力自分で食事を作って、健康食を心がければ、エネルギーも沸いてきて、免疫力も高まるよ。僕は、癌の告知を受ける前に、だれかに、こういった有意義な情報を教えてもらいたかったよ。

毎日訪れる新しい1日に感謝して生きよう。この瞬間を愛さずに過ごしてしまわないように気をつけよう。大きく酸素を吸って感謝して、周りに広がる自然を楽しもう。地球を大事にして、他の人の手本になるようにしよう。それから、リサイクルも忘れずにね。

神さまは、いつも傍にいるよ。
フェデリコ


2011年8月25日

今週、CTスキャンのの結果が出たよ。症状は、安定している。2ヶ月前の結果と比べると、小さくもなっていないけど、大きくもなっていない。胸のリンパの腫瘍は、普通のサイズのまま。あと2ヶ月、おなじ抗癌剤治療を続けたあと、肝臓の腫瘍が活動的なものかどうかPETスキャンで、調べるよ。PETスキャンは、より詳しく、癌の活動が調べられるんだ。その後は、腎臓と肝臓の腫瘍に、放射線治療と副作用の少ない抗癌剤治療を併用することを考えているんだ。この抗癌剤は、Avastinと呼ばれていて、この5年間に広く使われるようになった薬で、特殊なたんぱく質を狙って、腫瘍への栄養分になる血液の供給を断ち切る作用があるんだ。
月曜日に抗癌剤の治療を受けたから、いまは、その副作用で、胃のむかつきや、吐き気や、下痢の症状が出ているよ。現代の西洋医療で副作用が出るのは、どうしようもないことなんだ。

西洋医療とホリスティック医療の両方を受けられる医療機関を探すのは、本当に難しいことなんだ。自分自身で、重要な情報を探さないとならないんだ。すごく沢山の情報を調べて、いろいろ勉強した結果、西洋医療だけでは、不十分で、しかも、あるときには、すごく危険な場合もあるということを、僕は確信しているんだ。僕は、両方の医療をバランスよく利用することが、人間の体に一番、効果があると信じているんだ。健康保険は、西洋医療だけしか、適用されなくて、それ以外の有効な治療は、自分で費用を全額払うことになるんだ。ほとんどの人は、この事実を知らずに、西洋医学の治療法だけに頼ってしまうんだ。もう一方の治療の情報を得るのは、難しいんだ。たとえば、どのようにして、無農薬の野菜や果物から、体に良い栄養分をとって、健康的な体を作るかってことを知ることが大事なんだ。

神さまは、いつもそばにいるよ。
フェデリコ


2011年7月8日 4年間

6月25日で、僕が癌の宣告を受けてから4年になったよ。そのとき、すでに他の臓器にも転移していて、ステージ4と診断されたんだ。そして、こんなに長く生きてこれているのは、ここに書く、すべてのことのおかげなんだ。

まず、神さまを信じる心。神さまを信じることで、毎日、僕は、心の中に平和を安らぎを感じることができるんだ。
家族の愛。毎日、妻と子供たちと共に幸せを感じることができるんだ。
両親の愛。両親、兄弟、そのほかの親族の愛。毎日、その愛を感じることができるんだ。
友達からのサポート、応援、励まし。
現代西洋医療とホリスティック医療、ドクター、看護婦、そして、会ったこともない人からの励まし。
たとえ体調が悪い日でも、活動的に過ごし、今日を生きることにすべてをささげる姿勢。
健康的な生きかたを学ぶための強い意思。
癌と効果的に戦うために、必要なことを受け入れる努力。

今、抗癌剤の治療を受けながら、この文章を書いてるよ。すでに4時間が経過して、あと2時間ぐらいは、かかりそうだよ。2週間前に受けたスキャンでは、がん細胞は、どんどん小さくなっていることがわかったよ。肝臓の腫瘍は、さらに小さくなっていたし、腎臓の腫瘍も小さくなっていた。胸のリンパの腫瘍は、まだ活動しているけど、普通の大きさになったよ。今回のスキャンの結果からは、今の抗癌剤治療が効果が出ていると判断できるよ。

じゃ、また。
神様は、いつも傍にいるよ。

フェデリコ

 


2011年6月4日


もう少しで、フェデリコと私たち家族にとって大事な日がやってきます。6月25日で、フェデリコがステージ4の末期癌と診断されてから、丸4年になります。フェデリコの癌が発覚したとき、ドクターは、彼の余命は、1年未満だと考えていました。正直に言って、この4年間は、フェデリコと私たち家族にとって、充実したとても素晴らしい日々でした。フェデリコは、いつも子供たちと一緒に楽しい時間を過ごし、一時も大事な瞬間を逃したことはありません。フェデが癌を宣告されたとき、息子は、3ヶ月でした。だから、私たちが過ごした4年間は、マテオが生きている時間と同じなんです。そしてこの時間が、私たちが望んで、祈り続けたものなのです。フェデリコが子供たちと一緒に過ごし、成長を見届けられますように。
幸運なことに、子供たちは、お父さんといつでも沢山一緒に過ごすことができるのです。本当に有意義な時間を過ごすことができます。最初、フェデリコの治療や、副作用や、その他のいろいろな制約が、私たちの生活にどれだけ影響を与えるのか、まったくわかりませんでした。でも、この4年間は、素晴らしい道のりでした。将来に対する心配や恐怖にとらわれずに、毎日を一日づつ生きることを学んで、この道のりを歩いてくることができました。もちろん、簡単なことではありませんでした。フェデは、抗癌剤治療を4年間、断続的に続けて、想像を絶する副作用を経験して、髪の毛も抜けました。2度の手術と、数え切れないほどの検査や放射線治療も受けました。毎週、ドクターのアポイントもあって、新しい治療や、保険に関する問題もありました。でも、どんなときでもフェでは、前向きに全力でこの病に立ち向かう姿勢を貫きました。フェデ自身と家族のために戦い続けました。私たちは、結婚して10年になります。私は、フェデの新しい面と素晴らしい面をたくさん知りました。彼の強さと信念に、感化されました。これほど希望に満ちあふれた人には、会ったことがありません。希望で満たされているのです。

この2週間は、大変でした。新しい抗癌剤の副作用で、下痢の症状が止まらず、下痢止めの薬も効かず、この新しい抗癌剤をやめることも考えていました。普通に生活するのも大変で、体重も減ってきました。でも検査の結果、薬の効果が出ていたので、何とか継続できないか、方法を探していたのですが、やっと3回目の投与では、、副作用がおさまって、普段どおりになりました。フェデは、足を捻挫したので、松葉杖をついていますが、折れてはいなかったので、捻挫が治れば、元通りの、生活に戻れそうです。

次の抗癌剤治療は、6月6日に受けます。子供たちは、学校が終わるので、家族で楽しい夏を過ごせることを楽しみにしています。
いつも、私たちを見守って応援してくれてありがとう。私たちが出会った沢山の人たちの応援がなければ、この4年間を乗り切ることは、できませんでした。

皆さんに神の御加護がありますように。

マーシー

  


2011年5月23日 ウィンドサーフィンセラピー 

ウィンドサーフィン誌(米)にフェデリコの記事が掲載されました。−癌とともに生きるフェデリコの海療法

http://mauiwind.livedoor.biz/archives/1765574.html


2011年5月17日 

2週間前に受けたスキャンの結果は、すべての腫瘍が小さくなっていたよ。肝臓にあるもの、腎臓の一つにあるもの、肺のリンパにあるものすべてのサイズが小さくなっていたよ。先週の月曜日に、抗癌剤を投与したよ。すごく強烈な副作用がある薬が含まれていて、その副作用に対処するのに悪戦苦闘しているんだ。もしこの薬の強烈な副作用がこのまま続くようなら、この薬をやめる決断をしないとならなくなるかもしれないよ。これまで4年間に経験した副作用の中でも一番強烈だよ。癌細胞が小さくなったというニュースは、僕にとって、より長く生きられるという希望の一筋の光になっているよ。この地球上には、癌と戦っている沢山の人がいるから、ぜひ、みんなにも知ってもらいたいことは、糖分は、癌細胞の栄養分になっていると言うことなんだ。糖分と炭水化物の摂取を減らせば、癌細胞の栄養源を減らすことになって、薬の効果も発揮されやすくなるんだ。癌と戦っている人たちに、ぜひこのメッセージを伝えて欲しいんだ。健康に良いものを食べて、元気に癌と戦おうって。

神様は、いつもそばにいるよ。
フェデリコ


2011年4月23日 ハッピーイースター

今日、2順目の抗癌剤投与をしたよ。この先、合計で5ラウンドを、大体5ヶ月ぐらいで終了になる予定だよ。今日は、ここで、約5時間の間に、3つの薬と2回の注射をするんだ。1つ目の注射は、体温の上昇を抑えるために腕にして、もう一つは、下痢を抑制するためにお尻にするよ。今いるこの場所のことを説明すると、僕は、すわり心地の良い椅子に座っていて、この椅子は、ほぼ水平になって、ベッドみたいなるまで、リクライニングするんだ。部屋の広さは、大体20畳ぐらい。3人の看護婦さんは、いつも患者さんのすぐそばで、よく気を使ってくれて、少し離れた場所に、2人のドクターが待機していて、必要に応じて、助言をしてくれるんだ。とてもしっかり様子を見ていてくれるから、僕は、とても安心して治療を受けることが出来るよ。他にも6人の患者さんがいて、抗癌剤治療を受けているよ。僕は、食べ物や本や、音楽を持ち込んで、退屈しないように過ごしているよ。
最近は、ひどい副作用で、苦しいけれど、それでも毎日を楽しく過ごしているよ。気分が悪くて、辛い日でもがんばって子供たちと遊ぶようにしているよ。そうすると、だんだん幸せな気分になってきて、苦痛をうまくやり過ごせるようになるんだ。子供たちは、僕を無邪気な子供の世界に連れて行ってくれるから、僕は、苦痛を忘れてしまえるんだ。たとえば、ビーチに行って、波が上がってきて、良い風が吹いてくると、たとえ気分が悪くても、そのコンディションを逃したくないから、海に出るけど、ひとたび海に出ると気分が良くなって、ひどい副作用も消えてしまうようなもんだね。
前にも癌細胞にとって、糖分は栄養になっていると書いたけど、大事なことだから、みんなに伝えて欲しいんだ。糖分と炭水化物の摂取を制限することで、癌細胞は弱まっていくから、薬も効果的に作用するようになるんだ。

神様は、いつもそばにいるよ。
フェデリコ

 


2011年3月24日 検査結果

スキャンの検査の結果が出たよ。とても残念なことに、腫瘍が他の部分に転移していたんだ。せっかく、もう少しで、肝臓の腫瘍を退治できると思っていたのに、胸のリンパと腎臓に転移していることが、わかったんだ。来週の月曜日から新しい抗癌剤治療を始めることになったよ。これで通算4回目の抗癌剤治療になるよ。

神様は、いつもそばにいるよ。
フェデリコ


2011年3月20日

やあ、みんな、久しぶり。このブログをはじめて読む人のために書いておくと、僕は、4年前に食道癌が発覚して、それから今まで、いろんな治療を続けてきたんだ。
今は、3週間に1度、Herceptinと呼ばれている薬を投与しているんだ。
明日は、CTスキャンの結果が出るんだ。僕にとっては、すごく大事な日なんだ。ここのところ、すごく活発に活動しているよ。特にウォータースポーツは、沢山やっているよ。僕の食生活は、癌が発覚してから、炭水化物をあまり取らないように変えたんだ。癌は、血液中のグルコースで成長するから、そうさせないように、砂糖や蜂蜜もやめて、フルーツも少なくしているんだ。もし、誰か知り合いで、癌になっている人がいたら、糖分を控えるように、教えてあげて欲しいんだ。糖分を控えることによって、癌細胞を弱めて、治癒の可能性が高くなるし、薬の効果も高くなるからね。

最後に、日本のすべての友達に、今回の震災が起こったことを、とても心配しているよ。こんな状況で、神様の存在を信じることは、難しいかもしれないけど、神様は、必ず傍にいるから、元気を出して、強く生きていこう。

フェデリコ


2011年2月1日 希望あふれる新年

まずは、みんなのために書いておきたいんだけど、僕がかかっているガンと言う病気になっている人は、世界中に沢山いるんだ。それに、沢山の子供からお年寄りまでが、他のタイプのガンや病気に冒されて生命を脅かされているんだ。がん患者の数は、毎日増え続けているんだ。僕のブログを読むたびに、いつもは日々の忙しさの中で忘れてしまっている自分の健康に関して、よく考えてみる良いチャンスにして欲しいんだ。僕も自分のガンが発見されるまで、みんなと同じだったよ。だから僕は今、みんなに健康であることの価値を認めて感謝することを忘れないで欲しいんだ。でも、当然のことだと思わないで欲しい。今日、与えられている人生を最大限に活用して、より健康的に生きる努力を忘れないで欲しい。現代の生活で、健康に最も脅威を与えているのは、体に良い健康食を食べる方法を知らずにいることだと思う。食習慣は、自分自身で変えることが出来るんだ。
先週、肝臓にある二つの腫瘍の成長を止めるために放射線治療を始めたよ。僕は、肝臓に3つの腫瘍があって、1つは10cm、他の2つは2cmと3cm。この放射線治療がどういうものか知ったら、みんなびっくりすると思うよ。Youtubeでサイバーナイフで検索するとビデオが見れるよ。この技術は、放射線治療の最新で、最先端のテクノロジーなんだ。1ヶ月以上前に、一番大きい腫瘍をやっつけるために肝臓に抗癌剤閉塞と言う治療を施したんだ。これの効果があって、腫瘍のサイズは、あまり変わっていないけど、中身は、ほとんどやっつけたんだ。
2週間前にCTスキャンを受けた結果では、この3つの腫瘍以外には、体全体のどこにも腫瘍は見つからなかったよ。

僕は、約3年半、ガンと戦ってきて、ちょうど41歳になったよ。新しい毎日を神様に感謝して、妻と子供たちと最大限に人生を楽しんでいるよ。それが僕にとって一筋と光の道になっているんだ。僕が生き続けたいと願う最大の理由にもなっているんだ。

神様は、いつも傍にいるよ。
フェデリコ


2010年12月20日 メーリークリスマス

水曜日に2回目の治療をして、すべてうまく行ったよ。今は自宅で、治療からの回復のための休養中だよ。特に肝臓の痛みは激しかったから、すごく強い痛み止めを飲んでいるけど、それでも完全に痛みをなくすことは出来ないんだ。
昨日は、朝五時に、痛みが頂点に達して、痛み止めだけでは、どうすることも出来なくなって、耐え切れずに救急病院に運ばれたんだ。治療の反動と痛み止めの麻酔作用で、大腸の働きが麻痺して、便秘症状になったのが原因だったようだ。病院では、うまく対処してくれて、今は自宅に戻ってゆっくり休んでいるよ。痛みもなくなって、気分も良くなったよ。

約4年前には、僕の将来は、約束されていなかったけど、今現在も生きているよ。そしてもうすぐ、4回目のクリスマスを迎えるよ。毎年クリスマスには、神様の誕生をとても特別な気持ちで祝福しているよ。僕は、神様が存在することを信じているし、神様が僕の人生をよりよいものにして下さるを信じているんだ。だからいつもこのブログの最後には、神様への感謝の気持ちを書いているんだ。毎日、神様が僕の心を平和と幸せと希望で満たしてくれるから、この病と闘う強さを持つことが出来るんだ。僕は、神様が僕の人生に与えてくれるすべてのことに感謝して、今日、生きていることをありがたく思っているよ。
みんなに素晴らしいクリスマスと新年が来ることを祈ります。

メリークリスマス
フェデリコ


2010年12月5日

あれから2ヶ月が経ったよ。僕は、完全に回復して、今は、いつもどおりに戻ったよ。たぶんこの一年で一番調子が良いと思う。ドクターが薬からの回復のために、抗癌剤の投与をストップしているから、髪の毛も戻ってきたし、ひげと眉毛のある顔を鏡で見ると、うれしくなるよ。2週間前にMRIの検査を受けたよ。その結果は、明らかで、半分以上の腫瘍が死んでいたよ。今月の15日に、もう一度、同じ治療を受けるんだ。今度の目標は、残り半分もやっつけることさ。

神様は、いつも傍にいるよ。
フェデリコ


2010年10月18日

前回書いた、新しい治療法を受けたよ。すごい痛みだったけど、すべてうまく行ったよ。3週間後にCTスキャンを受けて、一番大きかった腫瘍がどうなっているか調べるよ。

じゃまた。
フェデリコ


2010年10月6日

やあ、みんな元気?
新しいこの日に感謝して、今を生きているよ。
僕も家族も元気にしているよ。やっと医療保険の承認がおりて、新しい治療法を受けることになったよ。この治療で、肝臓の中の一番大きい腫瘍をやっつけることが出来るはずだよ。前回の成分分析の結果、一番大きい腫瘍も他のものと同じ成分だということがわかった。先週、最後の抗癌剤の投与をしたよ。これから3ヶ月は、薬からの回復のために抗癌剤の投与は、中止するんだ。
僕の主な体力維持のための運動は、水泳なんだ。毎週、海か、娘の学校にある海水を利用したプールで泳いでいるよ。僕は、抗癌剤の治療を受けながら泳いだり、ウィンドサーフィンをしたり、自転車に乗ったり、走ったり出来るんだから、みんなは、それ以上に出来るはずだよ。
体の細胞にエネルギーを送り込む野菜を中心に良く食べて、砂糖やシロップなどの脂肪を増やすものは避けて、蜂蜜などの良質な甘味を選んで、ソーダや加工食品は避けて、出来るだけ有機野菜を取るように心がけよう。

じゃまた。
フェデリコ


2010年9月5日

今週、抗癌剤の投与をしたよ。3週間後にもう一度やったら、3ヶ月ぐらい抗癌剤の投与をストップするんだ。ドクターの考えは、僕の体の回復と薬からの浄化のために、休憩を入れたほうがよいと言うことなんだ。
それから、前回のスキャンの結果が出たけど、あまり良くなかったよ。小さい腫瘍は、小さくなっていたけど、一番大きい腫瘍は、成長していて9cmぐらいになっていたよ。この一番大きい腫瘍がガン全体の90%ぐらいだから、これを止めないといけないんだ。他の腫瘍は小さくなっているのに、一つだけ大きくなっているのは、何故なのか調べるために、一番大きい腫瘍の成分分析をすることにしたんだ。普通は、すべてのガンが同じ方向に向かうはずなんだけど、他の腫瘍が小さくなっているのに、一つだけ大きくなっているのは、違う種類のガンの可能性があるから、その場合は、別の薬が必要になるかもしれないんだ。火曜日には、成分分析の結果が出るよ。
今僕は、一番大きい腫瘍をやっつけるための新しい治療方法を、、医療保険が、承認してくれるのを待っているんだ。この治療方法は、直接、腫瘍に働きかけて、腫瘍に供給される血液の流れを止めて、腫瘍の成長や転移を妨げるんだ。それと同時に強力な抗癌剤を直接腫瘍に投与するんだ。
昨日は、だいぶ気分が良かったから、午前中に自転車に乗ったり、娘の学校のプールに泳ぎに行ったりしたよ。そして午後には、家族と一緒に、約1時間ぐらい南に行ったところにあるビーチに出かけたんだ。ビーチで楽しく過ごした後には、素晴らしい夕日だったよ。そして友達の家族と一緒に、キャンプファイヤーをして、充実した1日を過ごしたよ。
僕の信念は、今も強く続いているよ。今日の今、現在に感謝して、希望を持ち続けているよ。

神様は、いつも傍にいるよ。
フェデリコ


2010年7月20日

昨日は、僕たちにとって、とっても良い日だった。月曜日にやったCTスキャンの結果がとても良かったんだ。すべての腫瘍は弱まってきていて、一番小さい腫瘍は、サイズも小さくなり始めている。肝臓以外の場所には、ガンは、見つからなかったし、肝臓にも新しいガンは、増えていなかった。昨日と今日は、また抗癌剤を投与したから、朝のうちは、すごく疲れていたけど、ぐっすり昼寝をしたら、すごく気分が良くなって、今は、もう大丈夫だ。明日は、ドクターのところに行って、白血球を増やす注射をするんだ。


2010年6月30日

僕が受けた最近のスキャンの結果では、一番大きかった腫瘍が、弱ってきているみたいだった。他の腫瘍も同様に弱ってきているみたいだ。一番大きな腫瘍は、サイズがやや大きくなっているけど、それは、腫瘍が死んでいく過程に、よくあることらしい。一番大きい腫瘍は、6cmで、他の死んだ腫瘍は、3.6cmだった。2週間後の次回のスキャンでは、すべての腫瘍が弱まる様子がわかるはずなんだ。
昨日と、今日で、4度目の抗癌剤投与をしたよ。少し疲労感があるけど、何とかやりくりできているよ。出来る限り、毎日、昼寝をするようにしているんだ。昼寝は、体力が回復するのを助けてくれるんだ。だけど、小さい子供たちは、そう簡単には、昼寝をする隙を与えてくれないんだ。今、僕は、8月の始めに予定されているウィンドサーフィンの大会の準備をしているんだ。去年は、5位だったけど、今年は、表彰台に立てるようにがんばるよ。3週間前には、7kmのスタンドアップパドルのレースに出て、結果は、真ん中ぐらいだったよ。僕の髪の毛とひげは、すっかり抜けて、戻ってこないけれど、特には、気にしていないよ。みんなに言いたいことは、いつも買っている食品を良く見て、考えて欲しいんだ。どういう風に加工されたものなのか、材料は何なのか、体に良いものなのか、そうでないものなのか?それから、家庭で使っている調理器具や芳香剤、スプレークリーナー、防虫剤、洗剤なども、体に悪い成分が含まれていないか、注意してみて欲しいんだ。体に悪い成分は、息を吸い込んだ時に、体に入ってしまうんだ。太陽光は、体の免疫システムに欠かせないビタミンを含んでいるし、ただだから、太陽の下で沢山遊ぼう。運動をして、体を活性化すると、細胞の間にたまった毒物が抜けていくのを助けるよ。テレビやパソコンは控えめにして、もっと外で、元気に活動しよう。

神様は、いつも傍にいるよ。今の瞬間に感謝して生きよう。明日は、今日だ。

フェデリコ


2010年5月19日

肝臓の腫瘍が大きくなってきたら(最大5cm)、新しい抗癌剤の治療を始めたよ。僕のドクターは、肝臓に直接働きかける方法でやりたいんだけど、医療保険の承認がまだでないんだ。腫瘍の成長が早すぎで、これ以上は、待てないからやることにしたんだ。今の僕の新しいドクターは、自分のスタッフと看護婦で、独立した病院を開業しているんだ。僕は、ここで、抗癌剤治療や検査など、すべてをすることが出来るんだ。僕は、この新しい環境をすごく気に入っているんだ。ドクターは、いつも傍にいて、治療の間も観察していてくれるんだ。
新しい抗癌剤を始めてから、1週間が過ぎたよ。最初の5日間は、副作用がきつかったよ。筋肉と関節にひどい痛みがあって、刺すような痛みが、ときどき胸と背中に走って、体全体は、すごくだるいんだ。それも日ごとに良くなって、今はだいぶ楽になったよ。
ガンの早期発見は、命を救う大事なポイントだと言うことを忘れないで欲しいんだ。僕の場合は、発見がすごく遅かったんだ。もし胸がむかついたり、食べ物がうまく飲み込めず詰まる感じがするときは、無視しないで、ドクターの検査を受けたほうが良いよ。内視鏡検査は、もっとも正確に、ガンが発見できるんだ。僕は、内視鏡検査の前に、バリウムの検査を何度か受けたんだけど、何も発見できなかったんだ。
ガンの予防法にも注意を払って、知っておいたほうが良いよ。もし僕がこういう知識を持っていたら、こんなに腫瘍が大きくなる前に専門のドクターに診て貰っていたよ。僕のガンは、6ヶ月間もの間、胃酸過多ということで、誤診されていたんだ。内視鏡検査を受けるまでに、4人のドクターの診察を受けていたのに、現代のドクターは、原因を突き止めるのではなく、症状に対応するだけだから、発見が遅れたんだ。僕の場合、もっと早くガンが発見できていたら、治癒の可能性は、ずっと高かったのに、発見したときには、すでにステージ4で、肝臓、肺、リンパに転移していたんだ。
では、またね。

フェデリコ


2010年4月25日

僕の肝臓の腫瘍は、すごく攻撃的で、大きくなってしまった。一番大きいのは、5.5cmにもなってしまった。だから、2日後から、新しい抗癌剤治療を始めることにしたんだ。本当は、僕のドクターは、抗癌剤ではなくて、直接腫瘍に働きかける方法でやりたいんだけど、医療保険の承認審査が遅くて、結果を待っている時間的余裕がないほど、腫瘍の成長が早いんだ。
僕は、今まで通っていたシティーオブホープと言う病院から、新しい病院に変えたんだ。この病院は、より統合的に考える代替治療も取り入れていて、僕の探していた理想的な病院なんだ。
腫瘍が大きくなっていることを除けば、僕は、平穏に暮らしているよ。希望に満ち溢れ、家族と楽しく過ごし、新しい毎日を神様に感謝しているよ。
前にも書いたけど、西洋医学だけでは、不完全なんだ。西洋医学とホリスティック医学(人間の全体、体と精神、心とライフスタイルなど、人間に関する全体を扱う医学)の両方が必要なんだ。この方法を取り入れているドクターは、探せば、結構沢山いるよ。そして、有機食品を食べることは、一番大事なことなんだ。

神様は、いつでもそばにいるよ。
フェデリコ


2010年2月27日 新しい章の始まり

やあ、みんな元気?
この2週間のうちに、MRIの検査とエコーの検査をしたよ。僕の心臓は、たくさん抗癌剤治療をしたにもかかわらず、良い状態だったよ。MRIの結果は、腫瘍の1つが大きくなっていたけど、他の腫瘍は、同じサイズか小さくなっていた。それからCTスキャンもやったけど、その結果、胸と肺と食道と胃は、すべてきれいでなにもなかったよ。僕のドクターは、そろそろ、今の抗癌剤の効果がなくなってきたら、投与をやめることにして、別の方向からガンを攻撃する別の抗癌剤の投与を、今週から始めることに決めたんだ。

僕自身は、他の病院も含めて、他のオプションも探している最中で、西洋医学とホリスティック医学の両方を扱っているクリニックで、相談に乗ってもらったんだ。そこでは、西洋医学とホリスティック医学の両面から、ガン患者の治療を行ってるんだ。名前は、oasisofhope.com. ホリスティックの名前の由来は、ギリシャ語のHOLOS(全体)と言う意味から来ているんだ。ホリスティック医学は、人間の全体、身体と精神、心とライフスタイルなど、人間に関する全体を取り扱う医学なんだ。ホリスティック医学の薬は、病気の症状だけを治すのではなくて、人間全体がうまく作用するように効くんだ。患者の感情や精神状態屋、栄養、環境、ライフスタイルも考慮して、全体を捉える考え方なんだ。

僕は、ガンの告知を受けて以来、栄養と休養に気を配り、運動を心がけ、西洋医学の薬の力を借りながら、神様を信じることで、3年間ものあいだ、このガンとともに生きてこれたのだと確信している。
神様はいます。

では、また。
フェデリコ




2010年1月19日
あふれる希望

どうしてこのタイトルを付けたかというと、ちょうどフェデの診察から帰ってきて、私たちは、今日と未来に対して、希望でいっぱいだからです。
私たちは、ドクターの言う、生存率という統計の数字は、信じていないし、あえて考えないようにもしていました。事実、フェデは、そんな数字は、とっくに超えてしまっています。
でも、今日は、あえてドクターに、ガンが肝臓に転移した場合の平均的な生存期間について尋ねました。
ドクター柴田は、フェデが、すごく元気にしていて、うまくいっているので、言いたくないんだけれど、と前置きをしてから、1年未満だと言いました。
えっ、、、私たちは、知っていたけど、いつもその数字は、考えないようにしていました。フェデは、最初のときも統計を打ち破ったし、今回も、打ち破ります。ガンが再発してから、すでに1年になろうとしています。
なんと言ったらよいのでしょうか?もちろん、簡単ではなかったけれど、私たちは、神様から与えられた一日一日を、大事に、感謝して、楽しく過ごしてきました。
いつも、抗癌剤投与の前日になると、家の中には、緊張感がやってきます。心配や恐れや、いつまで続くのだろうかという疑問が湧き上がってきます。でも、昨日は、フェデにこう言いました。
この3週間を振り返って考えてみてよ。毎日楽しく過ごしたじゃない。次の3週間だって、絶対、楽しく過ごせるわよ。するとフェデも、安心したようでした。

先週末は、私の両親が子供たちの面倒を見てくれたので、フェデと二人きりで、サンタバーバラに1泊で遊びに行きました。それはすばらしい時間でした。私たち二人の関係をリフレッシュできて、お互いについて深く考える時間がありました。朝早く起きて、サンタバーバラの周りや海岸線を、自転車で走り、すごく綺麗な場所を発見したりしました。この3週間の人生を考えると、本当にすばらしい毎日だったのです。

そして、穏やかな気持ちで、今日の抗癌剤の投与に行ったら、なんと、1週間延期になったのです。フェデは、大喜びでした。
というのも、2日後に、彼の40歳の誕生日を迎えるからです。これで思いっきり楽しんで、40歳の誕生日をお祝いできます。

40歳の誕生日というのは、誰にとっても特別で、ほとんどの人にとって、年をとるということについて、深く考えさせられる出来事になると思います。
私もフェデが40歳を迎えるということについて考えてみました。すると、とても幸せで、感謝の気持ちでいっぱいになりました。
2年半前に、フェデが37歳のときに、私たちの世界は、突然、止まりました。そのときは、どんな未来が待ち受けているのか、まったくわかりませんでした。(今でもわかりませんが)
最初にドクターから、1年の生存率は、1%と言われた時は、今、今日のこの日が来ることなど、まったく考えられませんでした。あれから2年半がたった今、今日のこの日を迎えているということは、驚くべきことです。

フェデは、1月26日に抗癌剤投与をしたあと、MRIの検査を受ける予定です。その後、2月11日に次の抗癌剤投与を予定しています。

フェデは、私とドクターを驚かせ続けています。彼の健康状態は、すこぶる健全で、栄養も今まで以上に良く採っていて、ジョギングとヨガも続けています。
ドクター柴田が退室するときに、フェデが声をかけました。先生のお体の具合は、いかがですか?(ドクター柴田も、ステージ3の肺癌を患っている)
するとドクターは、おかげさまで、元気にしていますよ。いつも君から励まされているからね。と答えてくれました。

病院を出る前に、顔見知りの看護婦さんたちに、挨拶に行ってきました。みんなフェデのことが好きで、彼はみんなを笑わせていました。

では、すばらしい週をお過ごしください。
いつも応援してくれてありがとう。
マーシー (フェデの妻)



2010年1月15日
明けましておめでとうございます

前回の抗癌剤投与から、3週間がたちました。今回のは、きつかったよ。手と足の神経が過敏になって、皮がむけて大変だった。今では、もう大丈夫だよ。
サーフィンが出来るようになるまで、回復したよ。今回、もうひとつきつかったのは、最初の2週間、すぐに疲れてしまって、どうにもならなかったことだよ。
次の投与は、1月19日の予定だよ。その2日後は、僕の40歳の誕生日だよ。僕の一番好きな場所でお祝いしたいな。それはビーチだよ。
今日は、みんなにマウイのジョーズの写真を送ります。
http://surf.transworld.net/photos/carnage-and-chaos-at-jaws/4/

神様に、今日のこの日を与えてくれたことを感謝します
フェデリコ



2009年12月11日  決してあきらめるな

先週の木曜日に、抗癌剤の投与をしたよ。今は、強い副作用とうまく付き合いながら過ごしているよ。だいぶ、この副作用の扱い方にも慣れてきたけど、一番辛いのは、手と足の神経が過敏になることなんだ。歩くのも物をつかむのも、すごい大変なんだ。それも、もうじきおさまってくるはずだよ。12月22日に、次の投与をして、その後は1月にもう一回やって、そしたらスキャンをする予定になってるよ。

人生には、状況が突然変わって、真っ暗闇になることもある。人間関係が壊れたり、事業に失敗したり、愛する人との死別や、突然知らされる診断結果など、、、こういうことが起こると、僕たちは、人間の弱さを思い知らされるし、恐れや、心配や絶望にとらわれてしまう。

みんなそういう辛い状況を経験しことがあると思うし、今、まさに直面しているかもしれない。人生は、時に残酷に思えるほど、誰もが苦しく辛い状況に遭遇するのは、なぜなんだろう。でも、どうやって、この苦しい試練を乗り越えたら良いのだろう。心の準備は、出来ているのだろうか?

僕の場合は、2年前にガンの告知をされた時から、神様とこの試練を分かち合い、この試練を克服できる心の平和と希望の光を受け続けている。神様を信じることによって、神様が何を言おうとしているのか、よりはっきりと理解できるようになった。

それから、たくさんの人たちから、支えられて、助けられていることを、すごく重要で、絶対必要なことだと感じるようになった。

もし、みんなの人生で、辛く苦しい状況に出会ったら、隠したりしないで、信頼の置ける友達や、両親に打ち明けてみるといいよ。特に神様は、いつでもそばにいて、どんな話でも聞いてくれて、必ず、心の平和を与えてくれるから。

もちろん、極限的な状況に出会ったとき、みんなそれぞれ違った反応をすると思うけど、でもどういう態度で向き合うかが、その状況に違いを生み出すんだよ。

特に健康を脅かされた状況になったときは、しっかりと安定した心の平静を得るために、どんな犠牲を払って、何を変えたら良いのか、真剣に意識を集中する必要があるということを、僕は、確信している。

そして、神様は、僕たちひとりひとりが進む一番良い道を知っていて、その道を与えてくれているんだ。神様は、僕たちが何を学んで、何を他の人々と分かち合うかを教えるために、僕たちの人生に困難な状況を作り出しているんだ。そして、それを学ぶには、いつも痛みがともなうんだ。たとえ、どんなに苦しくて、辛い状況であろうと、神様は、いつもそばにいてくれる。

だから、絶対にギブアップしちゃだめだよ。神様は、いつもそばにいて、話を聞いてくれて、どんな困難にも負けない勇気と心の平和を与えてくれるから。

人生の山あり谷ありの険しい道のりは、決して無駄ではなくて、必ず、目的があるということを忘れてはいけない。
神様は、僕たちにいつでも他人や自分自身に対して、行動するように仕向けているんだ。僕たちは、自分自身で考えている以上の力を持っていて、その隠された力を見つける方法を、神様が与えてくれるんだ。そしてどんな困難な状況も乗り越えられるように助けてくれるんだ。

僕自身が、ガンとの闘病の経験から学んだことは、真の心の穏やかさとは、嵐を避けて安全な場所にいるということではなくて、嵐の中でも、幸せな状況をみつけらると言うことだ。

今日という日は、神様から与えられた贈り物で、決して無駄にしてはいけない。

今日だけは、他の人をもっと愛そう
今日だけは、神様への愛と感謝の気持ちを持とう
今日だけは、地球をいたわり、より良い世界を作ろう

生きている限り、僕たちは、心の平和と希望と幸せを見つけることが出来る。
だから、今日という日が一番大事なんだ。

メリークリスマス
フェデリコ




2009年10月30日

先週の木曜日に、ドクターからうれしいニュースを聞いたよ。検査の結果、僕の肝臓の腫瘍の大きさがどんどん小さくなっているのがわかったんだ。つまり抗癌剤が有効に効いているということなんだ。一番大きかった腫瘍は、3ヶ月前に1.6cmだったものが、今は、0.8cmになったよ。ほとんど、半分の大きさだよ。他にも小さな腫瘍があるんだけど、みんな小さくなっていて、ほとんどわからないぐらいだよ。木曜日に抗癌剤の投与を予定していたんだけど、白血球の数が少なくなっていたので、1週間延期することにしたよ。ドクターは、白血球が少なくならないように抗癌剤の量を少し減らしたよ。
僕は、このブログを通して、みんなに、より効果的で、より完全な薬を紹介したいんだ。それは、症状と原因との両方に働きかける薬で、西洋医学とホリスティック医学との合わせ技なんだ。その薬は、病気になるのを待っているんではなくて、僕たちに病気を予防することを教えてくれるんだ。

じゃ、また。
フェデリコ


2009年10月18日 16回目の抗癌剤投与

10日前に、16回目の抗癌剤投与をしたよ。今回のは、かなりきつかったよ。副作用が強烈で、4日間、妹の家で、休養と回復が必要だったんだ。ようやく、家に戻って、家族に会ったときには、やっと気分もよくなってきたんだ。僕にとって、この気分が良いというのは、手と足の痛みとかなりの疲労と頭痛があるけれど、気分は良いという意味なんだ。でも、今日は、本当に気分は、最高だよ。ビーチ沿いの道を、長い時間、自転車に乗って、新鮮な海風を浴びて疾走してきたよ。
今週の木曜日に、約3ヶ月ぶりのMRIの検査があるんだ。結果がわかり次第、また書くよ。こういう検査の前になると、すごく、いろんな心配事が出てきて、落ち込むんだけど、今までに何度もやってきたから、自分なりに心の対処の仕方がわかってきたよ。こういうときは意識的に、今の瞬間を生きることにフォーカスして、未来のことは、意識の外に置くんだ。これは、本当に心理ゲームみたいで、自分の心理状態をコントロールする方法を学んでいるよ。そうして、今の瞬間に平和で幸せな状態を見つけることが出来るんだ。
みんなのサポートに感謝してるよ。

フェデリコ


2009年9月18日

やあ、先週、抗癌剤の投与をしたよ。副作用とうまく付き合っていく方法がだんだんわかってきたから、だいぶ慣れてきて、無難に過ごしているよ。相変わらず、この薬が僕の体の中に入ってくるのは、抵抗があるけれど、そのおかげで生きていられるからこそ、治癒できる可能性も広がっていると受け止めて、納得するようにしているよ。

最近、僕に、人を愛すること、人を助けることの大切さを痛感させる出来事が起こったんだ。

先週、僕の特別な友達が肺ガンで逝ってしまった。
僕たちは、2年前に僕がガンの治療に通っていた病院で知り合ったんだ。彼は、僕がしていた代替治療に興味を持っていたので、看護婦さんが彼を紹介してくれたんだ。彼の死は、僕には、すごいショックだった。
僕ら夫婦は、彼の生前の最後の時間を一緒に過ごすために、彼の家を訪ねた。彼が苦しんでいるところを見るのは辛かったけど、彼は、僕らが彼に希望と心の平和を与えようとしていることを受け止めて、すごく幸せそうだった。僕は、その後、彼と二人きりで彼の部屋に残り、二人でその日を生きていることを祝い、神様に与えられたその瞬間を楽しみ、彼は大きな笑顔を見せてくれた。僕らは、病院で会っていた頃も、いつもこう言っていたんだ。”さあ、今日も生きていることを楽しもう”

これは、後になって知ったんだけど、彼はハリウッドのアニメ界では、著名なアーティストで、多くのディズニー映画を手がけた人だったんだ。たとえば、美女と野獣、ターザン、リトルマーメイド、ライオンキング。
彼は、僕らが一緒に過ごしていた間に、そんなことは一言も言わなかったんだ。僕はその彼の謙虚さが、すごく心に響いて、まいったよ。

彼を失ったことは、とても悲しいけれど、彼は、僕に”僕らに与えられているのは、今日、今、それがすべてだ”ということを思い出させてくれたんだ。
だから、今日を一生懸命、生きよう。
人を愛したり、人を助けることを明日まで待つのはやめよう。
もっとたくさん愛したり、もっとたくさん受け入れる事を恐れるのはやめよう。
携帯電話やコンピューターやテレビに邪魔されるのは、ごめんだ。
時間は、手ですくった水が、指の間からすり抜けているように、どんどん流れていく。
子供たちに、”ちょっと待って、あとで”っていうのはやめよう。彼らは今、僕らが必要なんだ。
僕たちの周りには、最強の薬を必要としている人たちがたくさんいる。その薬の名前は、”愛”で、しかもそれは"ただ“なんだ。
今日こそが、すべてなんだ。僕らは生きているんだ。今日を最大限に生きよう。

愛と平和が必要なこの世界に、僕らがいる場所で、お互いに与え合えば、必ず世界中に届くと信じている。

フェデリコ


2009年8月22日 ガン細胞はビビッている

前回の抗癌剤の投与から2日たったよ。いつものように副作用はあるけど、腕の痛みはないし、元気にしているよ。今は、PICCラインというものを左腕につけていて、それを通して抗癌剤の投与をしているんだ。PICCラインは、左腕の肩の近く辺りから体内に入って、血管の中を通って、心臓の近くの太い血管のあたりまでつながっていて、そこを抗癌剤が通っていくんだ。以前は、僕の腕の血管を使って、投与していたんだけど、投与をしている間も、終わってからもすごい痛みがあったんだ。でもその方法だと、仕事や運動やウィンドサーフィンをするときに、制約がなくなるから、僕は、あえて、その方法を選んでいたんだ。

来週の金曜日に、埋め込み式ポートというものを右胸の上部に埋め込む手術をするんだ。これは、PICCラインと同じ使い方をするんだけど、PICCラインとの違いは、ポートが皮膚の内側に埋め込まれるから、水に入ることも出来るんだ。これでまた、ウィンドサーフィンやサーフィンができるようになるよ。

僕がこのタイトルに”ガン細胞は、ビビッている”と書いたのは、現代医学とホリスティック医学(精神状態、身体、環境がほどよく調和した全体的なバランスを考える医学)の両方を併用することによって、治癒の可能性がすごく高くなると100%確信しているからなんだ。全体のバランスを考えることなしには、完全な治癒はありえないと思うんだ。ホリスティック医学は、症状だけに対処するのではなくて、病気の根本的な問題を扱うんだ。

僕が今まで、体験してきたことからわかるのは、現代医学は、病気の根本的な問題に働きかけるのではなくて、それぞれの症状に個別に対応しているだけなんだ。これは、現代医学の大きな問題点で、その不完全さに僕は、正直がっかりしてしまったよ。そして、最大の問題は、現代医学がホリスティック医学を無視し続けているということなんだ。だから、僕は、両方を併用しているんだ。ほとんどのドクターは、僕のようなステージ4のガンは、慢性的で、完治はしないと思っているけれど、僕は絶対、そうは思わない。

僕は、栄養や食事は、ガンを治すために、すごく大事なことだと思っているんだけど、ほとんどのドクターはそのことに関して、まったく何のアドバイスもくれないんだ。彼らは、栄養や食事の効果について、何も知らないのか、まったく話そうといないんだ。現に、僕はアメリカでトップ10にはいる、ガン専門の病院で治療を受けているにもかかわらず、ドクターから一度たりとも、何を食べているのか聞かれたことがないんだ。彼らが話すことは、彼らの治療方法、つまり抗癌剤と放射線治療と手術のことばかりだった。あぶないなー。

もし、ドクターの人で、このブログを読んでいる人がいたら、誤解しないように言っておくけど、誰かを攻めているのではなくて、みんなに薬が持っている役割以外にも、食事や栄養や休養など全体を考えた別の方法も大事で、その両方を組み合わせることによって、より良い結果を得られるということを理解してほしいだけなんだ。

もう一度、繰り返しになるけど、The Beautiful Truthというドキュメンタリーをぜひ見てほしい。YouTubeで予告編が見られるよ。

僕の今の薬と健康的な生活をまとめてみると、抗癌剤の治療を受けている一方で考えられる最も健康的な食生活をしている。そしてガンに良くないものは、極力避けるようにいしている。
たとえば、赤みの肉、乳製品,砂糖(蜂蜜でさえも)は、摂取することをやめた。積極的に食べているものは、無農薬野菜、無農薬野菜ジュースは、最低でも一日に一回以上は飲んでいる。これは最もお勧め。
それからホールグレイン(全粒穀物)シリアル、シーズ、無農薬フルーツ、白肉(チキン、ターキー、魚)、それからフィルターされた水をたくさん飲んでいるよ。
プラスティックの容器は、一切使わなくなった。僕の家からは、完璧にプラスティックは排除したよ。プラスティックバッグや容器類はすべて。それからテフロン加工のフライパンや鍋もすべてステンレス製に変えたよ。これらのことは、考えられる有害物質が体内に入るのを、っ徹底的に減らすためなんだ。電子レンジは、もう2年使ってないよ。ざっと、今僕がしていることを羅列してみたけど、詳しいことは、また別の機会に説明するけど、2年前にガンを告知されてから、たくさん、いろんなことを調べてわかってきたことをどんどん実行しているんだ。こういった健康的なライフスタイルは、病気にかかるリスクを減らすんだ。今のアメリカは、女性の3人に1人、男性の2人に1人の確率で、一生の間にガンが発病するという研究結果が出ているんだ。これは、すごい数字だよね。

上に書いたことの他には、ビタミンのサプリメントも採っているよ。臓器に良いのと、抵抗力が上がるからね。それからもちろん、出来るだけ運動をするように心がけている。気分が良くないときでも、出来るだけ体を動かして、アクティブにしているよ。必要なときは休むけど、そういう時もあまり横にならないようにしている。横になるとガンと戦うのをやめてしまうような気がするから、いつも動いているようにしてるんだ。
ガン細胞は、酸素が行き渡っている体が嫌いなんだ。

精神面では、前向きな姿勢とポジティブな思考は、うつ病にならないための大事な基礎になるから、いつも小さな楽しいことを見つけるようにしている。子供たちは、いつもその手伝いをしてくれるよ。彼らは僕にどうやったら喜びを見つけることが出来るのか教えてくれるんだ。それから、出来るだけストレスを避ける。これは簡単なことではないけれど、僕は可能だと信じている。僕たちは、みんな日々の生活からストレスを排除することが可能なんだ。人生の良い面を探して、変えられること出来ることだけに集中するんだ。そしてもっとも大事なことは、希望を持って信じること。そして神様とのつながりを信じること。

Francisco Zuccottiという人の書いた “I saw light and I entered. The touch of a blind observer” という本の中で、彼自身が失明するという人生の嵐に出会ったときに学んだことは、
真の心の穏やかさとは、嵐を避けて安全な場所にいるということではなくて、嵐の中でも、幸せな状況をみつけらると言うことだとインタビューに答えていた。

フェデリコ



2009年8月12日

2週間前に受けたMRIの検査結果が出たよ。肝臓にあった影は、小さくなっていたよ。1ヶ月前のMRIの検査のときよりも、肝臓全体の転移の範囲も減っていたよ。ドクターは、抗癌剤が効いている様子を、前向きに受け止めていたよ。

先週は、抗癌剤投与の予定だったんだけど、使える血管が見つからなくて、投与が出来なかったんだ。4人の看護婦さんで、それぞれ2回ずつ、合計8回も試みたんだけど、結局見つからなかった。ドクターが言うには、僕の体が、点滴の針と抗癌剤を覚えていて、投与しようとすると血管を閉じてしまうらしいんだ。人体の神秘だね。

抗癌剤の治療を続けるためには、胸の辺りに、埋め込み式ポートというものを皮膚の内側に、簡単な手術を施して、埋め込む必要があるんだ。ここから抗癌剤を投与すると、ポートとつながったパイプを通って、直接心臓の近くまで、入るようになっているんだ。手術は、来週に予定されていて、その後、次の投与をすることになっているよ。

みんな、応援と援助をありがとう。とても感謝しています。

では、また次回まで。

フェデリコ


2009年7月10日

3度目の抗癌剤投与は、2度目の時の副作用が激しかったので、ドクターが1週間延期したんだ。そして今から9日前にその投与を受けたよ。その同じ日に、これまでの抗癌剤の効果が出ているか見るためにMRIの検査を受けたんだ。MRIで見ると、大きかった腫瘍が小さくなっているのがわかった。ドクターは、それを見て、このまま、今までと同じ抗癌剤を続けることにしたんだ。次の抗癌剤の投与の前に、もう一度MRIの検査をするんだ。今回の投与の副作用は、前回ほどは、激しくなかったよ。でも、最初の5日間は、体全体が完全に薬に支配されているといった感じだった。その後は、だいぶ楽になって、ここ5日ぐらいは、体調もよくなった感じだよ。副作用の一つは、手足の感覚がすごく敏感になって、はだしでは、歩けなくなるんだ。足の裏の皮が、全部むけて、靴下を2枚重ねないと、歩けないんだ。手の皮も、むけてしまうので、そうならないように、ハンドクリームを分厚く塗っているよ。ボディーショップで見つけたヘンプから作ったハンドクリームがすごく効果があってびっくりだよ。

"The Beautiful Truth"というドキュメンタリーがあるんだけど、みんなにぜひ見てほしいよ。Youtubeでもチェックできるよ。

MRIの結果が出たら、また書くね。

フェデリコ


2009年6月18日

僕の癌は、完全に治ったものだと信じていたから、2ヶ月前にドクターから、僕の体にまた癌が戻ってきたと知らされたときの落胆はすごく大きかったよ。生体組織検査の結果、肝臓に以前と同じ癌細胞が確認されたんだ。想像できると思うけど、僕にとって、その事実を受け入れることは、そう簡単なことじゃなかったよ。あの抗癌剤との格闘の日々をまた、一からやり直すのかと思うと、どうしても受け入れたくなかったよ。。。。

 

5週間前から、以前と同じ薬を使った抗癌剤の治療を再開したよ。これまでに、すでに2回、点滴による投与をやったよ。錠剤の抗癌剤は、毎日、朝と晩に飲んでいる。また悪夢のような副作用に悩まされているよ。今週の木曜日には、また点滴による投与とドクターの診察があるんだ。MRIで抗癌剤の効果が出ているか調べるかどうか相談することになっている。ドクターは、僕に、癌は慢性的なもので、ステージ4からの治癒はないということを理解させようと、いろいろ説明してくれたんだけど、僕は、すべての可能性を信じているし、これからも信じ続けていくよ。僕は今まで、ずーっと代替治療の効果を信じてきたし、これからも西洋医学と併用して、代替治療も続けていくよ。

 

毎日、代替医療について、調べていて、その効果について学んでいるんだ。今度また、詳しいことは書くけど、すべての人の健康に有益なことと、僕の副作用を克服するおおきな支えになっているんだ。

これから、もう一度乗り越えていかなければならない大きな試練を、克服する勇気と力を与えてくれる神様に感謝して毎日を生きているよ。

僕と僕の家族を支えて、応援してくれてありがとう。いつも大きな励みになっているよ。

フェデリコ

 

 


2007年 6月25日、月曜日。(回想録)

今でも、はっきりと覚えているけど、その日は、きれいに晴れ渡った空に、新鮮な空気がマウイの草木の甘いにおいをやさしく運んできて、とても気持ちのよい朝だった。
僕は、6時に起きて、いつものように家族で、朝食をとったあと、しばらく、ルシアとマテオと庭で遊んだ後、仕事に出かけた。いつものように海を見ながら、音楽を聴いて、僕の住む小さな町から、マウイの中心街に向かって平和な気分で、車を走らせていた。運転しながら、ショップに着いたら、最初にドクターに電話をしなければならないことを思い出していた。先週の胃カメラの検査の結果が出る予定になっていた。
僕は、大したことはないだろうと、楽観的な気分でいた一方で、何か重要なことが起こっていたときのために、覚悟をしておかなければならないような気もしていた。
僕は、運転を続けながら、祈り始めていた。マーシーと子供のことを神に感謝して、彼らの健康と平和を祈った。
そして、今日の結果が良いものであるように、そして、もし悪い結果であってもそれを受け入れられる勇気をもてるように、祈った。

ショップに着いてすぐに、クリニックに電話をしたら、ドクターが話があるから、出来るだけ早く、クリニックに来て欲しいと言われた。
クリニックに着くと、すぐに部屋に通されて、間もなく、ドクターが入ってきて、僕の目の前に座って、ほとんど、何の前置きもなく、僕の胃と食道に癌があることを告げた。
次の瞬間、僕の頭はすごい混乱してしまった。そして、僕は、ドクターを見て、こんなに若いのに、そんなことが起こり得るのですか?と聞いた。すると、これはとても稀なケースで、普通は、もっと高齢であることが多いと説明された。その直後に、子供たちと妻のことが、頭に浮かんできて、涙が出てきた。僕は、ポケットから財布を取り出し、家族の写真を抜き取り、それをドクターに見せながら、どうやって、家族に言うことが出来るんだと問い詰めていた。数分がたって、僕は、少し力を取り戻し始めた。僕は、涙を拭いて、ドクターに、次は何をしたら良いのかと尋ねた。この病気を治すために、何をしなければならないのか、聞いた。

ドクターは、これからするべきことを順番に説明し始めた。まず最初に、専門のドクターに診てもらう必要があると言われた、僕は、続けて、それでは、どの位の確率で、治るのかと聞くと、ドクターは、一言、かなり低いと言った。そして、ドクターは、電話をしに、部屋を出て行ってしまった。僕は一人残され、涙が、溢れ出すのを止められなかった。 僕は神様に祈り、尋ねた。どうやって、このことを妻に話したらよいのですか?どうか家族と共に、この苦しみをうまく乗り越えられるように、力を与えてください。僕の人生にたくさんの恵みを下さった神様を恨んでるわけではなく、ただ、子供たちが大きくなるまで、見守ることができるチャンスを与えてくださいと。そして、祈ったあとに、少しだけ、心の平和を取り戻すことができた。

ドクターが、電話から戻ってきて、専門のドクターと話ができたと言った。そのドクターが、まもなく家に電話をかけて、アポイントメントを取る事になると言ったときは、僕は、必死になって、それだけは、避けなければならなかった。自分以外の誰の口からも、マーシーにこのことを告げてほしくなかった。僕は、今すぐに、妻に電話をかけさせてくれと頼んだ。そして、電話をしたけど、本当のことを告げるのは、そう簡単なことではなかった。クリニックを出たら、すぐに家に帰るからとだけ伝えた。

クリニックのドアを出て、僕は、空を見上げた。太陽の日差しが、暖かく顔面に注ぎ、雲ひとつなく、良い天気で、頬に優しい潮風が吹いていた。そして僕は、神様に今日の日を感謝して、生きていることに感謝して、家族のことを感謝した。車につくまで、僕は、神様に感謝し続けていた。そして車に乗り込むと、さらに感謝をして、特に、生きていることと家族のことについて、何度も感謝した。家に近づいてくると、僕は、妻になんと言ったらいいのか考え始めていた。涙を拭いて、何事もなかったかのように振舞おうとしたけど、いったい、最初になんて言ったらいいのか、まったくわからなかった。

家に着くと、マーシーは息子を抱いて、庭に立って待っていた。ルシアは、僕の弟と家の中で遊んでいた。マーシーは、僕からの電話のあと、すぐに弟に電話をして、マリアーノは、すぐに飛んできたらしい。僕は、車から降りて、門のところまで、歩いて近寄っていった。マーシーは、すごく悲しそうな顔をしていた。そしてマーシーに近づいたときに、勝手に僕の口から、言葉が飛び出していた。神様が十字架でわれわれの為に受けた仕打ちに比べれば、なんでもないさ。

僕は、ゆっくりと、ルシアと弟が遊んでいる家の中に入っていった。ルシアにとっては、いつもと変わらない幸せな日で、そこに僕もいる。僕は、いつものようにルシアと一緒に床に座って、遊び始めた。脇にいる弟に向かって、こんなこと信じられる?って切り出すと、弟は、ショックで何が起こったのか理解できない様子で、混乱しているようだった。こんな身近な身内の人間から、こんな悪い知らせを聞くのは、そう簡単には、受け入れることが、出来ないんだろう。

その日から、2週間後に、マウイの家を離れて、カリフォルニアに向かった。そこには、シティーオブホープ(希望の街)という名前の病院があって、癌の治療を専門に行っている機関で、あらゆる種類の癌の治療が行われている。そこで、僕らの新しい生活がスタートした。カリフォルニアに到着してから2日目に超音波内視鏡で、癌の進行具合を調べた。この検査は、とても重要なのだが、ハワイ全州の中で、この検査を受けられるのは、オアフ島にある、たった一つのクリニックだけで、もしあのままマウイに住んでいたら、検査を受けるまでに、かなり長い期間待たなければならなかった。超音波内視鏡の検査とPETスキャン、CATスキャンの検査をした結果、僕の癌は、ステージ4と診断された(4段階の中で、最も進行が進んでいるステージ)。
転移は、すでにかなり進んでいて、肺と肝臓でも見つかった。治療は、今すぐにでも始めなければならなかった。ドクターは、生存確率は、1%だと言った。それは単に、治癒は、不可能だとは言いにくいから、そう言っているように聞こえた。

最初の段階から、僕は、西洋医学で認められている薬と、代替医療の薬を併用することを決めていた。そして癌は、早い段階から、縮小し始めた。僕は、決してあきらめなかった。僕は、いつでも必ず治癒すると信じてきた。僕は、治療の第1日目から、1%の生存確率を100%にすることを、決して疑ったことはない。
神様が、必ず僕に、マーシーと一緒に、子供たちを育てて行けるチャンスを与えてくださると信じていた。

2007年の12月に、ここカリフォルニアの教会の多くの人々が、僕のために祈りをささげてくれた。毎日、たくさんの信仰深い人々が、僕のために集まってくれて、祈ってくれた。中には、僕のことをまったく知らない人たちもいた。12月14日の夜、今までの人生の中で、まったく経験したことのないとても不思議な出来事が起こった。夜、ベッドで眠っている間に、ふと何かの気配がして、2本の手が僕の体をさわっているのを感じた。そしてその手は、ゆっくりと柔らかく僕の体を包み込んでいった。僕は、次第に意識がはっきりしてきて、何が起こっているのか、だんだんわかってきた。ちょうど真夜中の12時ごろだった。体を包み込んでいた手は、だんだん僕の体から離れていき、離れ際に左耳にキスをされたとき もう終わったんだよ というささやき声が聞こえた。神様が僕に治療が完了したことを知らせるために天使を送ってきたんだと、僕は確信した。
7日後に、スキャンをした結果、食道にあった癌は、消えてなくなっていた。
スキャンには、何の影も写っていなかった。リンパにあった影も、すべて消えていた。肝臓にあった黒い点も消えていた。肺にわずかに小さな3つの点が残っていたが、前回のスキャンのときから比べると、ずいぶん小さくなっていた。
その影も、2月末に、もう一度スキャンをしたときには、すべて消えてしまった。そして、僕の体には、癌の影も形もなくなってしまった。
それから今まで、何も発見されていない。

僕が癌の告知を受けてから、僕とマーシーは、神様との繋がりが、とても近いものになった。僕らが神様を信じれば信じるほど、癌は小さくなっていった。これほど神様に自分の命を感謝したことは、今まで一度もなかった。この経験の間ずーっと、どれだけ神様の御加護に救われたことか。神様なしでは、僕とマーシーは、この苦しく長い道のりを心の平和と希望と愛に満ちて歩いてくることは、とても出来なかっただろう。そして、ずっと応援して、支えてくれた、たくさんの方々にも心から感謝の念が絶えない。

現在は、治療の当初から飲んでいた抗癌剤の飲み薬を毎日飲み続けています。それも最初は3粒服用していたものを、1粒に減らしています。点滴による抗癌剤投与は、2008年1月17日を最後に、受けていません。この先、3ヶ月ごとにスキャンをして、検査をしながら様子を見る予定です。
すべての皆さんの健康と平和をお祈りしています。

フェデリコ

(このあと、2009年の4月に、肝臓に癌の再発が見つかり、現在、再び、抗癌剤による治療中)


2008年 5月6日

やあ、みんな元気?

ここ、カリフォルニアの春は、毎日、快晴続きで、素敵な日々を過ごしているよ。1ヶ月以上前に、ドクターに診てもらってからは、点滴による抗癌剤投与は受けていないんだ。ドクターは、もう、点滴による抗癌剤の投与の必要はないと判断したんだ。ただし、錠剤の飲み薬の抗癌剤は、毎日、飲み続けているよ。僕は、まだ、この飲み薬の副作用に悩まされているけど、点滴による抗癌剤投与と併用していたときに比べたら、ずっと楽になったよ。
今回は、前回の検査のときよりも、ドクターがたくさん打ち明けてくれたんだ。彼が、よい結果にとても喜んでいることや、検査の結果が、、とても素晴らしいもので、まったく癌の気配が見当たらないということを話してくれたんだ。僕は、あとどのくらい、抗癌剤の治療を続ける必要があるのか、聞いてみたんだ。ドクターは、次のスキャン(3週間後)の結果を見て、決めると言っていたよ。もし、また何も見つからなければ、さらに6ヶ月かそれ以下の間、飲み薬の治療を続けて、最終的にやめる時期を見つけるといっていたよ。

今月、ウィンドサーフィンをやるチャンスがあって、しかも、良い風と良い波に恵まれて、最高の時間を過ごせたよ。僕がカリフォルニアに来てから、初めてのウェイブライディングが出来たんだ。
副作用で、手のひらが痛くてしょうがなかったけど、それでもやめずに、何度も乗り続けたよ。生きている実感が、びしびし伝わってきて、すごく幸せだったよ。

写真は、僕のドクター、シバタ先生と、前回の診察の時に、病院で撮ったもの。

僕の回復のストーリーが、病院の冊子に取り上げられることになって、インタビューを受けたんだ。他のの患者さんに勇気を与えられれば、うれしいと思うんだ。ポジティブな姿勢でいることや、栄養のある食事をすること、免疫システムを強くするサプリメントをとること、運動をして体を鍛えることなど、みんなの参考になるといいな。

他の写真は、息子のマテオと、もう一枚の写真は、弟のマリアーノと娘のルシア。

僕の回復を祈ってくれてサポートしてくれたみんな、本当にありがとう。僕に回復の力と勇気をを与えてくれて、ありがとう。

フェデリコ


2008年 3月24日

やあ、みんな、すごいニュースがあるんだ。先週、検査の結果が出て、影が全部消えていたんだ!!!
肺にあった4つの腫瘍は消えていたし、肝臓にも何もなかった。悪の枢軸だった、食道と胃にあった大きな腫瘍も跡形もなくなっていた。それからリンパにも、何も見当たらなかった。いずれにしても、抗癌剤治療は、続けて、3週間後にまた、ドクターに看てもらうんだ。そして、2ヵ月後に、もう一度、全部の検査をやるんだ。抗癌剤の治療は、今は、だいぶ軽くなっているよ。点滴による投与は、かれこれ2ヵ月受けていなくて、毎日の飲み薬の抗癌剤だけになっているんだ。この信じられない結果を聞いてからの、僕の暮らしぶりは、今度書くよ。

フェデリコ


2008年 3月14日

フェデリコから、メールが届きました。すごく嬉しいお知らせです。

やあ、クリスチャン、マサト、

二人に、良い知らせがあります。昨日、スキャンの検査の結果が出て、癌が消えていました!!!
まだ、戦いは終わったわけじゃないけど、すごく嬉しいよ。ドクターは冷静で、まだしばらく、抗癌剤治療を続けて、1−2ヵ月後に、また検査をすると言っています。僕は、このまま6ヶ月は、薬を続けて、それから、少しづつ、薬の量を減らしていくよ。
とりあえず、今日は、お祝いしても良いと思うよ。ずーっと、応援してくれてありがとう。
みんなに心よりアロハと伝えてください。

フェデリコ


2008年 3月7日

やあ、みんな、元気?
2日前に、CTスキャンとMRIの検査を受けたんだ。結果は、来週の木曜日に出る予定。僕は先週、抗癌剤の投与をする予定だったんだけど、ドクターが、もう一度、検査をしてから、今後の治療の方向を決めたいといって、投与を延期して、先に、この2つの検査をすることになったんだ。僕は、この検査の結果が、良いものであると強く信じているんだ。
肉体的には、すごく調子が良いし、前回の投与以来、僕の体が、どんどん回復していると感じるんだ。いつも、栄養に、気をつけて、出来る限り、有機栽培のものを食べるようにしているし、サプリメントも欠かさず続けているよ。

じゃ、良い週末を。
フェデリコ


2008年 2月17日

やあ、みんな、カリフォルニアに戻ってきたよ。アルゼンチンでは、家族や友達と最高の時間を過ごすことが出来て、本当によかった。
ブエノスアイレスの一番の名医といわれるドクター アルベルト カニパローリと会えて、大きな収穫もあったよ。
ドクターは、僕がカリフォルニアで受けている治療を承認してくれて、僕の前向きな考え方や、決してあきらめないことを、これからもどんどん続けていくように励ましてくれたんだ。それから、僕が受けたすべての検査の結果を検討してくれて、将来的に手術が必要かどうかについて、大事なアドバイスをしてくれたよ。それから、ドクターは、毎日、昼寝をすることを薦めてくれたんだ。昼寝をする習慣のある人は、健康で、長生きするということも、証明されているんだって。
明日は、シティーオブホープで、抗癌剤の投与があるんだ。
前回の抗癌剤投与以来、1ヶ月間は、手や足の副作用と少し疲労しやすいこと以外は、すこぶる調子が良かったんだ。
この続きは、抗癌剤の投与が終わったら、また書くよ。

じゃ、また。
フェデリコ


2008年 2月3日

前回の抗癌剤投与から、1週間が経ちました。今回は、すごく体調が良いよ。僕の両親が、僕らをアルゼンチンに来るように言ってくれて、ドクターからも許可が出たから、今は、アルゼンチンにいるんだ。これから1ヶ月ぐらい滞在して、次の抗癌剤投与(2月26日)までには、またカリフォルニアに戻らないといけないんだ。

昨日、長時間のフライトの末、ここにたどり着いたよ。そう、今はマーシーと、子供たちと、両親の家にいるんだ。今まで乗り越えてきた試練の結果、今、自分の国に戻ってきて、僕の家族やたくさんの親友たちと、ここブエノスアイレスで再会できて、僕は本当に感激だよ。ここに居ることが、僕の回復の大きな助けになってくれるように感じるんだ。感情や精神面が、最も大事なことだと思うんだ。
僕の両親の友人がドクターで、ブエノスアイレスでは、すごく信頼されている名医なんだ。彼にアドバイスをもらうために、今までのすべての検査データを持ってきたんだ。同じ国の言葉で、意見を聞けるのは、とても安心できるよ。

飛行機の中では、子供たちがなかなか寝なくて、ずーっと寝られなかったから、今から、昼寝をして、ゆっくり休もうと思っているんだ。
空港に着いて、両親とおばあちゃんと親友に再会した時には、心の底からこみ上げてくる感情を抑えられなかったよ。
それから、弟のマリアーノも、ブエノスアイレスに戻ってきて、僕らと一緒に何日間か過ごす予定なんだ。

約7ヶ月前に、僕が癌だと診断された時、他の箇所にも転移していて、すでに末期だったので、生存率は、1%だと言われたんだ。でも、その日から、僕は、その1%を100%に変えてきたんだ。僕がこの状況に耐えて頑張ってこられたのは、神様のおかげなんだ。祈りは、僕から恐怖を拭い取り、その代わりに、毎日を平和に暮らせる、喜びと強さを与えてくれたんだ。これが、僕の一番の治療になっているんだ。

みんな、元気にがんばってね。

フェデリコ


2008年 1月18日
ハロー、皆、元気? 昨日、また抗癌剤の投与をしたよ。すべて、順調にいったよ。マーシーのお母さんが子供達の面倒を見てくれていたので、丸一日、マーシーと二人で病院で過ごせたんだ。血液検査の結果は、良好で、腫瘍専門医の先生は、僕のトリートメントの成果を、驚いていたよ。それで、次の投与まで、少し休憩をとってくれたんだ。いつもは、3週間ごとにするところを、次回は1ヵ月後になったんだ。

僕は、皆に知ってもらいたいことがあるんだ。いつも、病院に行く度に、癌に冒された、たくさんの子供達に逢うんだ。ある子供は、髪の毛が全部抜けていたり、ある子供は、凄く具合が悪そうだったり。癌と戦っている子供達や家族を見ると、とても心が痛むんだ。1歳ぐらいの子供もいるよ。僕には、10ヵ月の息子と、3歳の娘がいるから、身にしみて痛みを感じるのかもしれない。そして、その子達が、これから乗り越えていかなくてはならない試練を思うと、とても辛いんだ。自分の子供達や妻が健康であることを、神様に感謝せずにはいられないんだ。

それから、もう一度、言っておきたいんだけど、もし、ものを食べるときや、飲み込むときに、喉や胸に、少しでも違和感を感じたら、すぐに検査することがとても重要なんだ。薬局で売っている安い薬は、副作用があるので、飲まないほうがいいんだ。もっと健康的な解決方法があるよ。バランスのとれた栄養食は、胃酸過多になりにくく、発癌の予防につながるよ。コーヒーは、酸が強いから、コーヒー好きの人は、少し気をつけたほうがいいよ。

食道癌の主な原因は、酒とたばこと胃酸過多と言われるけれど、僕には、どれも当てはまらないんだ。僕の癌は、もともと胃の入り口にあって、だから食道癌ではなく、胃食道癌になるんだ。それが食道の一部にまで進行したんだ。僕の癌の原因を決めることは、難しいんだ。遺伝かもしれないし、肝臓からの変異かもしれないし、食べ物かもしれないし、環境によるものかもしれないんだ。または、何かの理由があって、神様が与えてくれた運命かもしれない。僕が癌と診断されてから、たくさんの祈りが捧げられてきたんだ。
食道癌は、アメリカをはじめ、世界中の国で、急速に増えている癌の一つなんだ。だから、予防医学が最も重要になっているんだ。
食道癌を診断できる唯一の方法は、胃カメラなんだ。麻酔をかけてやるから、そんなに怖がることはないよ。僕が初めて胃カメラを飲んだときは、凄く怖かったんだ。だって、誰もこんなに簡単だとは教えてくれなかったし、唯一知っていたのは、昔、喉にだけ麻酔をかけて、凄く苦しかったという人の話だけだったからね。今は、昔と全然違うんだ。

みんな新年が素晴しいスタートになりますように。

じゃまた。フェデリコ


2008年 1月2日
先週の木曜日に、また、抗癌剤の投与をしたよ。今回のは、すごくヘビーだったけど、なんとか耐えられる範囲だったみたいだ。

今日は、少し気分が良いし、元気も出てきたよ。それから、2週間前に受けた検査の結果が出たんだ。検査の結果、腫瘍は、すべて小さくなっていたんだ。ますます、希望が湧いてきたよ。まだ、片方の肺に、4つの小さな腫瘍があるんだけど、その4つすべてが、3ヵ月前と比べて、小さくなっていたよ。ドクターは、今のところ、手術は考えていないそうで、このまま、抗癌剤煮よる治療を続けていくらしい。2週間程で、次の抗癌剤の投与があるんだ。今は、足と両手に副作用があって、胃も、凄く過敏になっているんだ。すごく疲労感に襲われるんだけど、がんばってなんとか運動するようにしているよ。

取り敢えず、今のところは、このくらいで。じゃ、また。

 

 


2007年 12月26日
ハロー、3週間前に、抗癌剤投与をしてから、ずーと調子良いんだ。何もかもスムーズで、今まで受けた投与の中では、一番楽だったよ。副作用もまったくなかったから、ここのところ、ずーっと活発に行動できたよ。先週の金曜日に、CTスキャンと心臓の検査(ECO)の2つの検査をやったんだ。まだ、結果は出ていないけど、明日、次の抗癌剤投与の前に、ドクターから、知らされる予定になっているよ。
抗癌剤の内容は、6ヶ月前にはじめた時と同じで、今回は、9回目の投与ということになるよ。
栄養面では、ビタミンのサプリメントと併用して、食事は、すべて有機栽培のものを食べているよ。

メリークリスマス

フェデリコ

 


2007年 12月3日
先週の木曜日に受ける予定だった抗癌剤の投与は、僕の白血球の数が少なくなっていたために、次の木曜日まで延期になったんだ。
もし、そのまま予定通りにやっていたら、さらに少なくなっていたかもしれない。僕は、この機会を利用して、毎日、運動をしているよ。
木曜日に抗癌剤の投与をしたら、また、報告するよ。

フェデリコ


2007年 11月13日

こんにちは、みんな! 

昨日朝早く妻のマーシーに病院まで送ってもらい抗ガン剤の投与を受けてから、妹に迎えにきてもらい、今は妹の家にいます。具合 がよくなるまでここに滞在し、おそらく土曜日には妻に迎えにきてもらって子供達の待つ家に帰れると思います。妹の家では義弟のチェイスと甥のカイとともに、卓上サッカーゲームをしたり、楽器を一緒に演奏したりと楽しい時間を過ごしています。妹のキャロは最高に美味しい料理を作ってくれ、僕たちはこの素敵な場所にある近所をのんびり散歩したり、僕は妹の庭仕事の手伝いもしています。
今回の投与の前の検査では、血液の状態もよく、体重も増えているし、このまま現在の治療を1月まで続けてから、再検査をし、次の治療法を決めることになりました。

ところでこのあいだのハロウイーンはとても楽しかったよ。ルシアはお姫様に、マテオはかぼちゃに変装し、夕方には家族でルシアのプレスクールへ行き、変装した子供達や親を見ては楽しみ、子供達はたくさんゲームをして過ごしました。そのあと家に帰ってきてからは、近所でトリック or トリート(注釈:ハロウイーンの夜、近所の家を変装した姿で訪問し、脅かされたいか=Trick それとも or キャンディ=Treat をくれるかと尋ね、キャンディなどをもらう子供たちの楽しみ)をしました。

先週末はサンディエゴにいる親友のジェイミーとパムを尋ねました。彼等の家に滞在し、シーワールドに連れて行ってもらい、夕方にはジェイミーの働く消防所にまで連れて行ってもらいました。消防署の中をすべて見せてもらい、勤務中の消防隊員たちにディナーまでごちそうになり、そのあと消防車に乗せてもらい近所をまわり、サイレンまで鳴らしてルシアを存分に楽しませてくれたりと、なんとも貴重な経験をさせてもらいました。僕たちが消防車に乗っている間には、緊急ベルがなることはありませんでしたが、僕たちが消防署に戻り
消防車から降りて15分後に、本当の緊急ベルが鳴り、その1分後には消防隊員たちは全員出動していったのでした。 これでルシアには友達や家族に話す大きな大きな話題ができました。

ではまた今度! フェデとその家族より。

 

 

 


2007年 10月19日

皆さんこんにちは。昨日からまた抗癌剤の治療が始まりました。全て順調です。治療を始める前に主治医に診断して貰いました。体重のチェックをして、良い方向に向かっていると言われました。そして今までの薬を飲み続けて、運動も続けて良いと言ってくれました。

何ヶ月も海に入ってなかったけど、三日前にサーフィンしに行ったよ。とても気持ちよかったです。
体の免疫が高くなっているので先生達が再び海に行く事を許可してくれました。だけど冬のフルスーツを着てサーフィンしました。フルスーツは何年ぶりだろう・・・

昨日から今のところ薬の副作用はないです。
さっきカロリーナ(妹)と姪子のカイ君と一緒に長い散歩から帰ってきました。
抗癌剤治療が始まって最初の二日間は妹の家にいる事にしました。それは、抗癌剤の副作用から体調が良くなるまで自分の子供達から離れた方がいいと思って、そうしています。それによってゆっくり休む事ができています。
これから三週間の抗癌剤の治療があります。

最初の抗癌剤治療が始まる前、先週の土曜日、義理弟のチェスとサッカーの試合を見に行きました。
先生たちは、サッカー場にも行っていいと言ってくれました。
ロサンゼルス・ギャラクシーvsトロントでした。チェスはギャラクシーのファンで私は少ずつ好きになっていますが、まだまだシクロン(アルゼンチンのサッカチーム)には敵わないですね。

本当に体調は良くなっています。
抗癌剤の投与後はしばらく良くないけど、いつもの様に数日後には良くなるでしょう。

今日はとても良い日です。妻マルシと7年目の結婚記念日です。
私は主(イエス様)に言います:わが避け所、わがとりで、私の信頼するわが神。
聖書の詩篇91:2

皆さんに大きなハグ。
またね。フェデ。


2007年 10月4日(英文訳、9月28日のスペイン語訳と重複する内容もあります。)

みんな元気だった?
連絡がすっかり遅くなってしまいました。
僕たちは治療の為にこなさなければならない病院通いに、2人の子供の世話が輪をかけて、あいかわらず忙しい毎日を送っています。今までの抗ガン剤の効果を確認する為に僕が受けた4つの検査(CTスキャン、PETスキャン、MRI、胃カメラ検査)の結果がでました。僕のガンの進行度は今まで4段階中の3ということで診断されていましたが、(この診断どおり3だったらよかったのですが)今回の検査の結果、4段階中の4(最も悪いレベル区分)であることが確認されました。ガンは僕の身体のいろいろなところに転移していました。一番最
初に検査をした時には、肺に怪しいモノがあり、そして肝臓にもなにか小さなモノがあり、リンパ節にも何かがあることがわかっていました。しかし、その時はそれがガンであるかどうかについては100%確実ではなかったので、それがガンでないことをずっと祈っていたのですが、、、残念ながらそれらは転移したガンでした。
食道ガンだと思っていたのものは、実は胃の入り口から発症したものが食道まで広がってきたもので、実際には胃食道と呼ばれる部分全体がガンでした。

でも良いニュースもありました。抗ガン剤の効果はどうやらでているようで、肺に何か所かあったモノはほとんど消えていて、一か所だけ残っているところも以前より小さくなっていました。肝臓にあったモノは10ミリから4ミリまで小さくなっていて、リンパ節にあったモノは消えていました。そしてなんといっても食道にある一番大きなガン細胞は極端に小さくなっていて、ドクターは抗ガン剤の効果があることを確信し、僕の身体がうまい具合に抗ガン剤に反応してくれていることに喜んでいました。 次回は少しまた良い結果がでることを祈ることにしよう。

僕の通う病院シティオブホープの大きな壁には、”望みはいつでも必ずどこかにある”と書いてあるし、僕たちはこれを信じることにしているよ。 僕たちはここで毎回たくさんのガン患者に出会い、いくつもの驚くべき体験談を聞いては、望みがあるのだということを信じる励みとなっています。

抗ガン剤の効果がでていることから、あと3コース9週間同じ抗ガン剤治療を続けることになりました。先週木曜日にも抗ガン剤を投与したけど、その週末は最悪の気分でした。でも
今は気分はよくなってきているので、2週間後の次の投与までは、もう少しいい体調になると思っています。
このまま抗ガン剤が最大限に活躍してくれて、副作用が最小限であるように、祈っているところです。

僕たちの為にいつも祈り応援してくれて本当にありがとう。たくさんの友達や家族が僕たちのことを気遣ってくれていることにとても慰められ励まされています。
そして忘れてはいけないのが、僕がマウイウインドサーフカンパニーで働いていることをどんなに感謝しているか、マウイウインドサーフカンパニーが僕と僕の家族の為にしてくれるサポートを本当に感謝しています。
マサト、クリスチャン、すべての友達に家族、そしてウインドサーフィンのウ エブサイトを通してサポートしてくれる、なかには会ったことさえない方々にも、本当に本当にありがとう!

元気でね、ではまた今度!

フェデ


2007年 9月28日 新たな出来事(原文のスペイン語の訳をアンディーが引き受けてくれました。ありがとう)

こんにちは、皆さん。

現在の癌の進行状態を確認する為の七日間の検査が終わったところです。
最初に言われていたレベル3と違って、検査結果はレベル4だそうです。体の色々な所に転移が発見されたからです。
肺の影は癌でした。肝臓もそうでした。そして胸と背中にも有りました。リンパ腺と胃と食道にも癌がありました。
はっきりした事は僕の病名が食道癌ではなくて胃から始まった癌で、だんだん上に広がったという事です。
胃と食道の間なので胃癌とも呼ばないそうです。他の病名になるけど名前は覚えていません。

“とても良い知らせは”肺にあった癌が消えました。
また胸と背中と肝臓にあった癌も1cmから4mmに小さくなった。60%減少した事は結構良い数字です。そして胃と食道にあった癌も結構小さくなっていました。食道の内側にあった癌がすべて消えていました。ですから最近食事を取っても詰まった感じがしなかった。まだ残っているのは、首にあるリンパ節けど癌である事が正確には判断できないそうです。他の原因で膨らんでいる可能性も有るので、三ヶ月後に正確な判断が出来る様です。

今後三ヶ月間は、今までと同じ抗癌剤治療を続けると先生達が決めてくださいました。現在、治療の良い結果が出ているので、いまのところ先生達は手術は考えていないと言われました。今後三ヶ月間の状況を見てみたいそうです。

Maui Windsurf Companyには心から感謝しています。言葉で言表せない程助けられています。
雅人ありがとう。クリスありがとう。
そして、私の友達、家族、
そして世界の色々なウインドサーフィンのインターネットWebを通して支えてくれている・・・皆さんにありがとう。

今日、アルゼンチンからおばさん達が凄いプレゼントを送ってくれました。
アルゼンチンのサッカチーム“サン・ロレンゾ”の2枚のTシャツです。そのTシャツにはなんと選手たちと監督ラモン・ディアスのサインと応援のことはが書かれていました。おばさん達、ありがとう。

(フェデリコは昔からサン・ロレンゾの大フアンだそうです)

皆にハグ、ではまたね。

フェデ


2007年 9月19日

 

   

            娘のルシア、先週から通いだした保育園がお気に入り              

    3度目の抗癌剤投与の前に、病院で             マーシーとマテオ(6ヶ月)


2007年 9月16日

こんにちは、皆さん!
みんな、元気?
皆さんから届くサポート、電話、メール、そして僕たちの為に祈ってくれていること、それぞれ、ひとつひとつのサポートに、そしてひとりひとりの気持ちに、僕たちはとても感謝しています。

今週は、僕たち家族にとってとても重要な週になります。僕は抗ガン剤の効果がでているかどうか、ガンの進行具合を再度確認するためにスキャンを含む4つの検査を受けます。もちろん僕たちは良い結果がでることを信じて祈っています。
火曜日には3回目の胃カメラ検査を受けます。今回の胃カメラ検査は超音波検査で、食道の中まで広範囲を見ることができます。今回の検査では、僕は完全に麻酔で睡眠状態になってから検査を受けます。なぜなら、前回7月にUCLAで検査を受けたときは検査の途中で2回も起きてしまい、それはもう本当につらかったからです。
今回は前回とは別の場所パサデナというところで受けるので、今度はドクターがうまくやってくれると思っています。
金曜日にはCTスキャンとMRI(核磁気共鳴CT検査。CTスキャンで得られない多くの情報が得られる)、来週月曜日にはさらに精密な情報を得られるPETスキャンを受けます。そして火曜日には外科担当ドクターに会い、検査結果に基づいて、手術を視野にいれた今後の治療法を決めることになります。

2週間前の抗ガン剤投与以来、僕はとても元気にしています。抗ガン剤投与のたびに悩まされていた副作用のひとつであった足がだるく力がはいらない状態はもうなくなり、毎日ほとんど普通の生活を楽しむことができています。
たくさん食事もとることができ、普通の固形の食事がとれなかった9か月の間に減量してしまった体重はもとにもどりました。髪の毛は抜けはじめていたけど、それも止まり、抗ガン剤治療は今のところうまくこなしていると思います。昨日はアルゼンチンからカリフォルニアに訪れているお父さんとテニスをすることさえでき、とても楽しい時間を過ごしました。今のこの状況の中僕の気持ちが前向きでいられるのは、毎日子供と家族と友達と一緒だからです。
毎日、一日毎に成長していく子供たちをつぶさに見ながら一緒に暮らせるなんて、こんな最高に幸せなことはないよ。

そんなわけでいろいろとがんばっているわけで、大変なこともあるけれど、いいことも本当にたくさん起こっているよ。
お父さんと弟がカリフォルニアまでやってきてくれて、特にこんな状況のときにいっしょにいられることに、これよりも幸せなことなどないとさえ感じています。カリフォルニアに住む僕の妹のカロリーナは先週土曜日に男の子のベイビーを出産したよ。僕たちにとってかわいい甥ができたこと、そして僕の子供たちのルシアとマテオにとっては一緒に成長していく従兄弟ができたことは、それはもう、うれしくてうれしくてしかたがないよ。
妻のマーシーの実家の両親は、家を僕たちの為に提供してくれて、家族のサポートをこんなに受けられるなんて本当にありがたい気持ちでいっぱいです。
僕の娘のルシアはプレスクール(保育園)へ行きはじめました。たくさん友達をつくって、本当に楽しそうです。
ルシアは僕たちの生活環境の変化にもうまく順応してくれ、そしてすごい勢いで成長しています。
息子のマテオは、それはいつもいつもごきげんのいいハッピーなベイビーで、僕たちがどこに行く時でも、いつでもいい子ででかけてくれます。最近ハイハイもし始めて、成長の速度がはやすぎます!

また連絡するね。
みんなからのサポート、僕たちの為に祈ってくれていること、本当にいつもありがとう。

フェデリコ、マーシーと2人の子供ルシアとマテオから愛をこめて。

(英語原文はマーシー代筆の為、日本語訳はフェデリコの一人称に変えています)


2007年 9月10日(原文のスペイン語の訳をアンディーさん(アルゼンチン生まれ)が引き受けてくれました。ありがとう)

先週の木曜日は3回目の抗がん剤の治療を受けた。
治療後はかなり体に負担が掛かっている。抗がん剤の薬の副作用で、歩く事が困難な状態になってしまう。
足が痛くて歩く事が出来ないのです。

先生に、「抗がん剤の一部の薬を一時的に停止する」と言われた。それによってどうなるかは、結果が出てみないと分からないが、2日間歩かないようにする事を薦められた。
今後は2週間に3つの検査をする事になった。現在のがんの進行状態を確認する検査で、今後の治療の方針を決める為である。

1つ目の検査は脳の検査です。2つ目の検査は胃カメラによる検査です。そして3つ目の検査はMRI(体のスキャン)検査です。このMRIは抗がん剤治療前にも実施しました。
9月25日に外科の予約が入っています。(ここで検査結果が判明すると思われる。)

明日は良い日です。
先ずは、長女のルシアが幼稚園に入園します。この日を見逃す事は出来ないので、何があっても妻と共に入園式に参加します。
そして、1年間会っていない父がアルゼンチンから会いに来てくれます。弟も来てくれます。ですから、スペインに居る妹のルシラ以外の全員の家族が一緒に集う事になります。
嬉しい事に明日は、1年振りに父と母と共に過ごす事ができるのです。

母は、僕達がカリフォルニアに引っ越して直ぐに来てくれていました。僕達の側に居てくれる為にアルゼンチンから駆けつけてくれたので、僕達は非常に助けられ感謝しています。

今ラグビーのワールドカップ(ラグビーワールドカップ2007フランス大会)が開催されています。PUMA頑張れ!!(プーマ:アルゼンチンのチーム)


またね、フェデより


2007年 9月7日(フェデリコのメールより抜粋)

世界中から、本当にたくさんの人から、寄付と励ましの言葉をもらって、凄く驚いています。
僕が知らない人からも、励ましのメールをもらって、とても勇気をもらっています。

今回の投与は、昨日、何事もなく無事に済みました。看護婦さんは、とても親切で、やさしくしてくれて、僕の左腕の血管から、太目の血管をさがしてくれて、うまくやってくれたので、まったく痛みを感じませんでした。そして、今日は、とても気分がいいです。過去2回の投与のときとは、まったく違いました。
次回は、2週間以内に、もう一度投与をして、腫瘍のあった部分のスキャンをします。うまく腫瘍がなくなっていてくれたら嬉しいんだけど、でも、間違いなく腫瘍は小さくなっているはずです。今は前のように、普通に食事が喉を通過していくようになりました。

マテオは、昨日で6ヶ月になりました。ルシアは、今度の火曜日から保育園に通い始めます。ルシアは、もう少しで泳げそうです。もっと教えてあげたいんだけど、5日間は、太陽と水に近寄れないから、家の中で出来ることをしています。本当は、毎日、運動をして体を鍛えておきたいんだけど。

みんなによろしく。

フェデリコ


2007年 9月2日

みんな、元気?

僕は先週くらいから気分は上々、先週月曜日に診てもらった腫瘍専門のドクターは、僕が普通に食事をとれることを、とても喜んでいたよ。ここ数カ月普通に食べることができなかった固形の食事も、以前のように食道に詰まって窒息しそうになることもなく、口から食道をぬけて胃に運ばれるようになった。抗ガン剤の成果で腫瘍が小さくなっているようだといってドクターはとても喜んでいたよ。

今週木曜日には3回目の抗ガン剤投与です。最初に血液検査をして、腫瘍専門のドクターに診察してもらい、それから3ー4時間かけて抗ガン剤投与がはじまります。ここシティオブホープ病院(癌専門の治療機関)には約10室ほどの投与専用の個室があり、ベッドは快適だし、僕が投与を受けているあいだ誰でも付き添えるようにイスとテレビまで置いてある。抗ガン剤の投与は、最初に点滴で水分と強力な吐き気止めの薬を投与してから、Epirubicinという真っ赤な薬をゆっくりと投与する。この薬はものすごく強力なので、漏れないように確実に血管に注入されるよう、慎重に投与されます。次にOaxiplatinというこれまたさらに強力な薬を投与します。この薬は特にたくさんの、えたいの知れない副作用があります。例えばこの薬は神経系に影響をおよぼす為、毎回投与を受けたあとは僕の手と腕を襲うひどい激痛に4日間くらいは耐えなければなりません。また4〜5日間は冷たい飲み物を飲むこともできないし、手を冷たい水に浸すこともできない。冷たいものにものすごく過敏になっている為、もし水に手を触れようものなら、氷に触ったような感覚で痛くてとびあがってしまうから。
もう今回は3回目の投与だから状況は把握し、慣れたもんだよ。吐き気止めのおかげで、吐き気の苦しみはもうないし、髪の毛も最初は少し抜け落ちたけど、もう抜けてないから、以前と変わらぬまま。

今は毎日1日1日の区切りで生き、日ごとになにかしらがんばらなければならない困難なことがあるけれど、でも同時にたくさん楽しいこともあるよ。僕の子供ルシアとマテオとたくさん
一緒に時間を過ごすことができるし、日々成長していくのをつぶさに見ることができるしね。

病院に通ったり、気分のいい時には友達や家族と会って談笑したりと、十分すぎる位、忙しくしています。
娘のルシアはもうすぐ3歳、元気がよすぎてついに生まれてはじめて目に青アザをつくりました。でも強いルシアはアイスキャンディーを餌にすぐに立ち直ったよ。ここカリフォルニアは暑く、おかげでプールに浸かるのが心地いいよ。
ルシアはもうすぐ泳げそうだし、いつまでもいつまでもプールで遊んでる。

今月にはここカリフォルニアに住んでいる僕の妹のカロリーナのベイビーが生まれる予定。すでに僕のお母さんはここに居るし、僕のお父さんと僕の弟ももうすぐここに来る予定で、ひさしぶりに家族で集結するのを本当に楽しみにしています。僕のもう1人の妹ルシラとその家族だけはスペインに居るので今回は来られなくて残念。

皆さん、いつも僕のことを支えてくれて本当にありがとう。
大きな愛をこめて。フェデより。


2007年 8月28日

皆さん、こんにちは。

みんなも知ってのとおり、僕は、6月に”食道ガン”を告知されました。その時は、すごいショックを受けました。

去年の11月から、かれこれ4人の別々のドクターで診察をうけていたんだけど、いくつかの検査で正常だったにもかかわらず、食べ物が妙に食道に詰まる感覚 がつづいていました。
最初はたまに詰まるような感じがするだけだったのが、11月頃からは時々食 べたものが食道に完全につまって、胃まで下りて行かないようなこともあり、やむなく固形物を避けてやわらかいものだけ食べるようにしていました。
喉と食道のレントゲン検査では何も発見されませんでした。それでも食道に食 べ物が詰まる症状はつづき、ドクターからは胃酸過多と診断され、薬をもらい2か月間、飲むように言われました。2か月経って、経過を診断するためにドクターに再度行ったところ、やはり胃酸過多とのことで、もう2か月同じ薬を飲むように言われました。

その間も、食道に食べ物が詰まる症状はおさまるどころか、さらに不快になってきていて、食べ物が詰まって、窒息しそうになって、家から救急車を呼んだりと、明らかに普通ではない状況が起きていて、このリスクを避けるために固形物はいっさい食べず、野菜でも肉で もすべてジューサーでジュース状態にしてから食べていました。
妻のマーシーが、お願いだから検査を受けてくれというので、5月、マーシーと 一緒にドクターへ行き、カメラを飲んで食道の中を見る検査をすることを頼みに行って、血液検査では正常でしたが、胃カメラの検査を受けることになりました。
ただマウイでは専門医が2人しかいないため、検査をするまでに数週間待たなければならず、やっと6月22日に検査をしました。
検査でドクターは気に なるモノを見つけました。その時ドクターは、”おそらく化膿しているだけ、 もしかしたら初期のガン細胞の可能性もなきにしもあらずだけれども、38歳という若い年齢ではほとんど考えらない”と言いました。
そして6月25日、 大したことはないだろうという予測のもと、僕ひとりで検査の結果を聞きに行き、”食道ガン”それも進行しているガンだという言葉に愕然としました。

そんなわけで、みんなも知ってのとおり、その2週間後に妻のマーシーの実家があり、かつベストなガンの治療を受けることができるカリフォルニアに来ることになったわけです。
4週間の抗ガン剤治療を受け、あと5週間の抗ガン剤治療、その後に手術です。
抗ガン剤治療をはじめた最初の4日間ほどは最悪で、吐き気止めをもらって少 しおさまったものの、倦怠感はいつもあり、それ以来、もとの100%普通の状態に戻ることがありません。だから少しでも気分のいいときは運動をして、そして身体にいいものを食べ、水分をたくさん採っています。抗ガン剤をはじめて2週間後位に、食べ物が食道を通っていくようになり、今ではほとんどなんでも食べたいものを食べることができるようになりました。おそらく腫瘍が小さくなったんだろうとドクターも喜んでいます。

僕のガンの進行度は4段階の3、ガン腫瘍は小さいけれども食道壁のかなり深 くまで浸透しています。スキャンでは、他にとても小さなモノが2か所、肝臓にもあるこ とがわかりましたが、生物検査をしない限りはこれがガンであるかどうかはわ かりません。ほかの臓器には、今のところ何も見つかりませんでした。

僕がガンであることがわかってから、大きく変わったことは僕の食事内容です。マウイで会った栄養師のアドバイスに基づき、今ではほとんど自然栽培のものを食べ、抗ガン剤の副作用を軽減するための栄養剤を飲んでいます。

僕の妻のマーシーの愛と献身的なサポート、そして毎日、僕の子供たちと幸せでいられること、僕の家族や友達からの大きなサポートと神様の支えに感謝しています。 僕は今のこの状態を、喜びと平和な気持ち、強靭なたくましさと、そしてこれは一番重要なことだと思うんだけど ”希望”をもって受け入 れています。

みんなに伝えておきたいとても重要なことがあるんだけど、それは予防と早期発見がカギだということ。
僕がマウイで最後にやった胃カメラ検査、これこそがドクターが実際に食道と胃の状態を見ることができる確実な検査で、検査自体は、とても簡単です。マウイとカリフォルニアで2回受
けたけれども、検査中は何も感じないほどの簡単な検査でした。
この検査を最初からしていれば、僕のガンは6か月前に発見できたはず。でも僕が若いという理由だけで、どのドクターも僕の症状を軽視し、胃カメラ検査をしようとさえもしなかった。

自分の健康を本当に把握し管理することができるのは、自分自身だけだということを忘れないでね。

ひとりひとりの友達へ大きな愛をこめて。
フェデ

 

 

 

  Maui Windsurf Company お問い合わせフォーム
22 Hana Highway
Kahului, Maui, Hawaii 96732
Phone: (808) 877-4816    Fax: (808) 877-4696
Toll Free: (800) 872-0999
nainai@aloha.net